「病気一般」の記事一覧

日本で軽んじられる騒音被害は「現代の伝染病」メンタルヘルスにも悪影響

米マサチューセッツ総合病院のAzar Radfar氏らの研究チームは、PET/CT検査による脳の断層写真を分析し「幹線道路沿いや空港周辺などの騒音レベルの高い環境に長期間、曝露されると、ストレス反応を引き起こす脳部位の扁桃体を活性化させ、心筋梗塞や脳卒中の発症リスクが高まる…続きを読む

日本で軽んじられる騒音被害は「現代の伝染病」メンタルヘルスにも悪影響

怪我から復帰&電撃移籍の川崎フロンターレ齋藤学選手 実は“健康オタク”だった!?

右ひざ前十字靭帯損傷の大ケガをしながらも、奇跡の回復で復帰を果たしたJリーグ、川崎フロンターレの齋藤学選手。治療の最中、横浜F・マリノスからの移籍を決断、さまざまな環境の変化を乗り越え、現在はフロンターレで気持ちを新たに次なる目標に取り組む。 10月20日のヴィッセル神…続きを読む

怪我から復帰&電撃移籍の川崎フロンターレ齋藤学選手 実は“健康オタク”だった!?

今井翼、久保田利伸、八代亜紀らが闘病した難病「メニエール病」の真相とは?

メニエール病(内リンパ水腫)は、立てないほどの激しい回転性めまい(1~6時間、最大24時間)をはじめ、片側の耳の低音域が障害される難聴、耳鳴り、詰まり感のほか、悪心、嘔吐を発作的に繰り返し、発汗、下痢、歩行不安定などを併発する内耳の難病だ。発作時間は数10分から数時間続き、…続きを読む

今井翼、久保田利伸、八代亜紀らが闘病した難病「メニエール病」の真相とは?
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子