「病気一般」の記事一覧

記憶力の衰えに不安!「アラフィフ」の女性約33%・男性約23%が実感

アラフィフ女性(45歳以上54歳以下/Around50)で、自分の身体の衰えのうち、記憶力の衰えによる生活上の不便を実感しているのが約33%、一方、アラフィフ男性は約23%だった。 記憶力は加齢に伴って確実に衰えるが、アラフィフ女性はアラフィフ男性よりも、記憶力の衰えを…続きを読む

記憶力の衰えに不安!「アラフィフ」の女性約33%・男性約23%が実感

手術件数は年間8万件以上 人工膝関節置換術を受けてよかったと思う患者は96%!!

人工膝関節置換術は、変形した膝関節の表面を取り除き、人工膝関節に置き換える手術療法。治療部位の切開(侵襲)の程度を最小限に抑え、患者の身体への負担とストレスを軽減する最小侵襲術(MIS)だ。痛みの原因部位を除去するので、痛みを緩和・除去する効果が高く、歩行能力や脚力が改善さ…続きを読む

手術件数は年間8万件以上 人工膝関節置換術を受けてよかったと思う患者は96%!!

納豆嫌いも新作「ペヤングソースやきそば」で挑戦!? 納豆効果で血液がサラサラに

今回の「これでも食うか?」的な「まるか食品」からの挑戦状には、思わず腰が引けて、踏み絵よろしく「沈黙」を余儀なくされたぺヤンガー(同社の「ペヤングソース焼きそば」ファン)も決して少なくはないだろう。 虫の混入(製造販売停止)事件から復活後、「わかめMAX」「パクチーMA…続きを読む

納豆嫌いも新作「ペヤングソースやきそば」で挑戦!? 納豆効果で血液がサラサラに
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘