「病気一般」の記事一覧

関ジャニ∞安田章大さんを襲った「脳腫瘍(髄膜腫)」とは? 後遺症で言語障害の可能性も

「関ジャニ∞」デビュー15周年の5大ドームツアー14公演を控えてのメインボーカル=渋谷すばるさんの脱退会見(4月15日)。そんな重大な場面に、誰よりも渋谷さんを慕い、「人一倍、グループ愛が強い」といわれる安田章大さんの姿はなかった。 欠席理由は「自宅で転倒して療養中」と…続きを読む

関ジャニ∞安田章大さんを襲った「脳腫瘍(髄膜腫)」とは? 後遺症で言語障害の可能性も

糖尿病・心臓病・喘息・腰痛……慢性的な病気に悩む人が運動を始める際の4つの秘訣

運動が健康に良いことは論をまたない。米国心臓協会(AHA)は、健康の維持のために「中強度の運動を週に150分間行うこと」を推奨している。 では、糖尿病や心臓病、喘息、腰痛などの慢性的な健康障害を抱える患者は、どのように運動したらよいのだろうか? 米クリーブランド・ク…続きを読む

糖尿病・心臓病・喘息・腰痛……慢性的な病気に悩む人が運動を始める際の4つの秘訣

皮膚の常在菌移植でアトピー性皮膚炎改善!成人10人中6人、小児5人中4人が軽減

米国立アレルギー・感染症研究所のIan Myles氏らの研究チームは、「健康な人の皮膚の常在菌をアトピー性皮膚炎患者の皮膚に移植すると、ステロイド外用薬の使用量を減らし、アトピー性皮膚炎(湿疹)が軽快した」とする、第I相/II相試験の研究成果を、『JCI Insight』2…続きを読む

皮膚の常在菌移植でアトピー性皮膚炎改善!成人10人中6人、小児5人中4人が軽減
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子