「病気一般」の記事一覧

日光浴が「近視」を防ぐ? 近視大国・日本は小学生の約3割、高校生では6割以上が視力1.0未満!

昔から日本人は「近視の多い民族」と言われ、欧米の映画作品中で描かれる典型的日本人像も眼鏡装用の場合が少なくなかった。 近視の原因には古今東西で諸説あるが、こうした民族間の近視発生率の違いが「遺伝説」の論拠にもされてきた。しかし、今回の知見は、もう一方の有力説として知られ…続きを読む

日光浴が「近視」を防ぐ? 近視大国・日本は小学生の約3割、高校生では6割以上が視力1.0未満!

曲がり角に差しかかっている日本の「置き薬」~途上国の患者を救うことができるか?

12月12日は、何の日? 「バッテリーの日」「漢字の日」「明太子の日」などいろいろあるが、ほとんど知られていないのが「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)・デー」。 <誰もが、どこでも、お金に困ることなく、 自分の必要な質の良い保健・医療サービスを受けられる…続きを読む

曲がり角に差しかかっている日本の「置き薬」~途上国の患者を救うことができるか? 

人間以外の動物も「老眼」になるのか? 野生の猿(ボノボ)にも40歳前後で遠視の症状が!

40歳過ぎて、読書をしていると、文字が読みにくく感じる。老眼の始まりである。眼鏡なしで自動車の運転をしているときに、夜になるにつれて視界が暗くなって看板の文字がぼやけて危険を感じた。これも老眼である。 人は自分が老眼であることを否応なく気づく瞬間がある。その経験が積み重…続きを読む

人間以外の動物も「老眼」になるのか? 野生の猿(ボノボ)にも40歳前後で遠視の症状が! 
若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!
インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第3回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

テストステロン(男性ホルモン)の存在に着眼し、AGA(男性型脱毛症)治療、男性皮膚治療、男性更年期、前立腺がんのサポート、男性不妊など、男性の外見や内面の健康に関わる様々な治療を独自の視点から行うメンズヘルスクリニック東京(東京・丸ノ内)の小林一広院長。第3回目は「男性妊活・男性力」について。
第1回AGA治療はコスパが重要~薄毛の悩みを抱える人は1200万人
第2回男性6人に1人が「隠れ更年期障害」! 更年期障害は女性だけの病気じゃない!!

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘