「病気一般」の記事一覧

西城秀樹さんの早逝はサウナが原因? 健康効果を高める正しい入り方とは?

歌手の西城秀樹さんが早逝したことで、「サウナは身体に良いのか?悪いのか?」という議論が話題になっている。 西城さんの早逝の遠因となったのは、48歳のときに発症した脳梗塞。そして、56歳のときに再発している。最初の脳梗塞を引き起こしたきっかけのひとつは、「サウナ」だったか…続きを読む

西城秀樹さんの早逝はサウナが原因? 健康効果を高める正しい入り方とは?

西城秀樹さんの訃報で振り返る~ヘビースモーカーが招いた脳梗塞

歌手の西城秀樹さんが5月16日、「急性心不全」で亡くなった。15年間に及ぶ闘病生活の末の享年63――その早すぎる死をヒデキ世代はうまく受け入れがたく、歌手としての足跡の輝きを訃報によって知った若い世代も多いかもしれない。 西城さんは48歳で「脳梗塞」を発症。彼は以降、…続きを読む

西城秀樹さんの訃報で振り返る~ヘビースモーカーが招いた脳梗塞

離婚や家族の死などストレスフルなライフイベントで脳が4カ月老化することが判明

不意に背中を叩かれて驚かされた時に「止めてよ、心臓に悪いから」とか、出会い頭の正面衝突を回避した際に「命が縮まるかと思った……」なんて言い方は昔からある。 そしてヒトは、長い人生の途上で「思わぬ悲報」に接すると、どうやら「脳の老化」が速まるようだ――。そんな知見が『Ne…続きを読む

離婚や家族の死などストレスフルなライフイベントで脳が4カ月老化することが判明
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆