「病気一般」の記事一覧

高校野球で熱中症対策が新たな風物詩に 甲子園観戦で搬送者続出

熱中症対策が新たな風物詩? 8月5日、甲子園球場(兵庫・西宮市)で全国高校野球選手権大会が開幕した。今年は記念すべき第100回大会、開会式には史上最多の56校が出揃い、晴れの入場行進に臨んだ。 今夏の「異変」を何よりも象徴していたのが、選手陣やプラカードを持つ生徒らの…続きを読む

高校野球で熱中症対策が新たな風物詩に 甲子園観戦で搬送者続出

インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足

歯周病や虫歯など、さまざまな原因で失われる危険にさらされている歯。不幸にして失われてしまった場合、①入れ歯、②ブリッジ(橋渡しの歯)、③インプラントの選択肢から治療を選ぶことになる。 だが③のインプラントについては、歯科医のサイトを見ても書かれていることがバラバラで、ク…続きを読む

インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足

座りすぎで死亡リスクが上昇する「14の病気」が判明! 2分間立つだけでも改善?

座って過ごす時間が1日当たり6時間以上の人では、3時間未満の人と比べて早期死亡リスクが19%高い――。 そんな研究結果が、『American Journal of Epidemiology』(6月26日オンライン版)に発表された。米国がん協会(ACS)のAlpa Pat…続きを読む

座りすぎで死亡リスクが上昇する「14の病気」が判明! 2分間立つだけでも改善?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫