おいしく実現、減塩生活~高血圧に悩む人が厚労省の目標8%を達成するには?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
42933327.jpg

塩分を減らす秘訣とは?(depositphotos.com)

 年齢を重ねると、結構な割合の人が降圧剤のお世話になっている。あなたの周りにもいるのではないだろうか。しかし、高血圧なのに薬を飲まずに放置しておくと、脳卒中や心疾患など命に関わる病気を引き起こすこともある。

 高血圧は、食生活と関係が深い。日本人は白いご飯をたくさん食べるために、漬物や梅干し、佃煮、塩鮭、たらこなどをサイドメニューにする食生活を、これまで長らく続けて来た。

今も「これさえあればおかずは不要」などという触れ込みの副菜は少なくない。だが、これらに共通していえるのは「塩分が高いこと」である。

 平成28年の国民健康・栄養調査(厚生労働省)によると、日本人の1日あたりの食塩摂取量は、男性が10.8g、女性が9.2g。

 10年前に比較すると優位に下がっているものの、WHO(世界保健機関)の目標値は1日あたり5g、厚生労働省の目標値も8gだから、まだまだ多いというわけだ。

 そこで医師から薦められるのが「減塩」だ。しかし、なかなか実行できないでいる人も多いのではないだろうか。

今日から実行できる「減塩」ライフ

 

 減塩をしていない人の言い訳の一つとして、「食事に味気がない」「おいしくない」という声がよく聞かれる。また、医師に「塩分をあと5g減らしてください」と言われても、見当がつかないという人もいるだろう。

 そこで、塩分を極力減らすことができる、簡単な減塩調理法や習慣をいくつかご紹介しよう。

①塩分の代わりに、昆布や鰹節、干し椎茸、干しエビなど「旨み」を含んだ食品を使う。

②クミンやチリパウダー、ブラックペッパーなどの香辛料、ローズマリーやバジル、オレガノなどのハーブ、ニンニクや生姜などの香味野菜を使って、その分塩分を減らす。

③塩分を抑えてレモン、スダチなどの柑橘類や、酢などの酸味をアクセントにする。

④練り物やハム・ベーコンなど、塩分を多く使っている加工食品はなるべく減らす。

⑤ワカメや昆布、ひじき、ほうれん草、かぼちゃアボカド、バナナなど、ナトリウムを排出する作用のあるカリウムを多く含む食品を摂る。

⑥外食では塩分の少ないメニューを選び、麺類のつゆは全部飲まない。

⑦調味料は減塩の商品を使うようにする。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆