特集「いま注目される健康成分『ノビレチン』」第2回

頻尿・残尿感・尿漏れ・注目のノビレチンが男女問わず尿のトラブル改善に有効

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
頻尿、残尿感、尿漏れ……「ノビレチン」が「尿のトラブル」の改善に有効の画像1

フラボノイド「ノビレチン」は「尿のトラブル」の改善に有効(depositphotos.com)

 尿失禁や頻尿など排尿に関わるトラブルは、中高齢者に多い悩み。40代以上の男性の3人に1人、女性の5人に1人は排尿トラブルの自覚症状があるという。

 従来、排尿障害に効果があるとされるサプリメントは、すぐに数えられるほどの種類しかなかった。そこへ新たに登場し、注目されているのが、シークヮーサーなどの柑橘類に含まれるフラボノイド「ノビレチン」だ。

 最近の研究から、ノビレチンには「排尿障害の改善効果」があることが明らかになった。

 ノビレチン研究の第一人者、中部大学教授(応用生物学部)の禹済泰(ウ・ゼテ)教授に聞いた。

どんなタイプの排尿障害にも効果があった

 一口に「排尿障害」といっても、さまざまな原因や症状がある。男性には、前立腺肥大で尿管が圧迫され「トイレが近くなる」「尿が出にくい」「残尿感がある」といった悩みが多い。

 女性では、加齢に伴って骨盤底筋が弱ることで起こる「尿漏れ」の悩みが多い。急に「切迫した尿意」をもよおしたり、「頻尿」になったりする過活動膀胱は、男女ともに多い。

 「私たちはまず、前立腺肥大マウス、過活動膀胱マウスなど、さまざまな排尿障害のモデルとなるマウスを用意し、ノビレチンを投与して効果を調べました。その結果、どんなタイプのマウスでも排尿障害を改善する効果が認められました」

 「さらに興味深い点がありました。排尿障害のあるマウスは、普通、健康なマウスより運動量が減ります。おしっこが膀胱にたまっていたら運動どころではないのは、想像できますよね。ところが、ノビレチン投与のマウスは、よく動くようになるのです。このことから、尿をためる容量が増えるのではないかと推測しました」

 禹教授は動物実験の結果を踏まえ、琉球大学の照屋俊明教授と北上中央病院の菅谷院長と共同で、ヒトを対象にした試験を行った。頻尿や尿漏れなどの症状を自覚しているが、治療を受けていない男女50名にノビレチンを6週間摂取してもらい効果を聞いた。

 「被験者を2グループに分け、1グループには高純度のノビレチン粉末を1日300mg(ノビレチンを含むPMF100㎎)摂取してもらい、もう1グループにはそれと見分けのつかないプラセボ(偽薬)を摂取してもらいました」

 「効果の判定には、医療機関での診断にも使われている過活動膀胱スコア(OABBS)、国際前立腺症状スコア(IPSS)を用いました。その結果、症状が改善した(『やや有効』以上)の人が6割を占め、有効性が認められました」

 具体的には「日中の排尿回数」「夜間の排尿回数」「尿意の切迫感」といった各項目の改善が見られた。また、約1割の人はスコアが『著効』、約2割は『有効』で、偽薬を摂取したグループとは明確な差が生じた。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆