シリーズ「あの人はなぜ死に急いだのか?スターたちの死の真相!」第2回

美空ひばり52歳の生涯〜死因は特発性間質性肺炎による呼吸不全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昭和の歌姫・美空ひばり52歳の生涯〜特発性間質性肺炎による呼吸不全の画像1

美空ひばり52歳の生涯(写真は『美空ひばりベスト 1964~1989 (紅盤)』より)(depositphotos.com)

 今年は日本を代表するディーバ・美空ひばりの生誕80年。ひばりを偲ぶイベントや番組が多い。

『美空ひばり生誕80周年記念だいじょうぶよ、日本!ふたたび(熊本地震・東日本大震災復興支援チャリティーコンサート』(4月5日)には五木ひろしをはじめ、AKBグループ、EXILE、氷川きよしら豪華アーティスト全22組が集結。9月17日にはフジサンデースペシャル>『美空ひばり生誕80周年 愛と伝説と歌と芝居と…』がオンエアされた。10月17日には豪華本『美空ひばり プレミアムブックス~映像の記憶に励まされて~』が発売される予定だ。
 
 1989(平成元)年6月24日午前0時28分、美空ひばりが華々しくも苦悩に満ちた52年の生涯の幕を降ろした。死因は「特発性間質性肺炎」の悪化による呼吸不全。なぜ、ひばりは絶唱に命を捧げたのか?
 
 「私はただ、歌が好きなだけ」――。ステージでもスクリーンでも、数知れない絶賛と栄誉を一身に受け、日本人の心に沁み入る名曲を歌い紡いできたひばり。

 だが、「月に叢雲、花に風」のたとえ通り、1980年代に入ると、40歳代を迎えたひばりの前途に暗雲がた垂れ込める。知己・親友や肉親たちの急死が相次いだからだ。ひばり44歳の1981年、実母・喜美枝は転移性脳腫瘍に襲われ68歳で他界。父親代わりになり、ひばりを可愛がった田岡組組長・田岡一雄は死没。1982年、大親友の江利チエミは45歳で夭逝。1984年、「銭形平次」を18年間も好演した大川橋蔵も55歳で永眠。

 息つく間もなく、ひばりの2人の実弟、かとう哲也(1983年)と香山武彦(1986年)も42歳の若さで後を追う悲運に見舞われる。さらに1987年、親交が深かった昭和の大スター、鶴田浩二(享年62)と石原裕次郎(享年52)も次々と不帰の人となる。

失う悲痛に耐えかねて、酒とタバコに手を染め……

 ひばりは、1977年にかとう哲也の実子・加藤和也を養子縁組する。だが、折り重なるように落命する人たちを失う悲痛に耐えかねて、酒とタバコに手を染め、か細い体を蝕まれる。

 47歳、1985年5月、ひばりの誕生日記念ゴルフコンペのプレー中に原因不明の腰痛を訴える。49歳、公演先の福岡市で極度の体調不良に陥り、緊急入院。重度の慢性肝炎(肝硬変)と両側特発性大腿骨頭壊死症と診断され、入院療養。明治座の公演中止を発表。

 「今はただ先生達のご指示をしっかり守り、優等生患者として毎日を過ごしています。あわてない慌てない、ひとやすみ一休み。もう一度歌いたいという信念が消えません。ひばりは生きております」

 だが、退院後も肝機能は回復せず、大腿骨頭壊死の治癒も捗々しくなく、病状は一進一退。50歳の1988(昭和63)年4月、東京ドーム復帰公演でステージに立つ。痩せ衰えた体をかろうじて支え、脚の激痛に耐えながらも全39曲を熱唱。体調は悪化していたものの、ドーム公演後の10か月間、13カ所の全国公演、テレビ番組収録などに精力的に挑む。

 51歳、1988年12月25日、26日は帝国ホテルで生涯最後のクリスマスディナーショー。年が明け、1989年1月7日に昭和天皇が崩御し、元号が「昭和」から「平成」へ移り変わった日、ひばりは「平成の我 新海に流れつき 命の歌よ 穏やかに」と短歌を詠む。

東京ドーム公演で復帰!名唱『川の流れのように』をリリースするが

 「明日の自分は、今日の自分に勝ちます」――。3日後の1月11日、『川の流れのように』のシングルをリリース。だが、特発性間質性肺炎はかなり進行し、ひばりを苦しめる。

 2月6日の福岡サンパレス公演で、持病の肝硬変の悪化によるチアノーゼ状態になるが、コンサートを強行。1100人の観衆を前に全20曲を熱唱。翌2月7日、北九州市小倉にある九州厚生年金会館での公演が、生涯最後のステージになる。

 会場の楽屋では、酸素吸入器と医師が控える。肝硬変が急変すれば、食道静脈瘤が破裂し、吐血寸前の病態に追い込まれる。以後、横浜アリーナのこけら落とし公演に執念を燃やすが、自宅療養を余儀なくされる。

 だが、3月21日にラジオのニッポン放送の『美空ひばり感動この一曲』と題する10時間ロングランの特集番組に自宅から生出演。番組終盤に生涯最後のコメントを残す。

 「ひばりに引退は有りません。ずっと歌い続けて、いつの間にかいなくなるのよ」

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真