「がん」の記事一覧

乳がん? 女性が気になる胸のしこり~弁護士・大渕愛子さんも心配した「乳腺炎」

弁護士でタレントの大渕愛子さんが自身のブログで、出産後にできた右胸のしこりが腫れ、母乳外来を受診したことを明かした。 ブログ(12月13日)によると、胸の外側にできた「硬いゴリゴリ」が、右だけみるみる硬くなってパンパンに。さらに脇の下まで腫れ上がり、生まれたばかりの赤ち…続きを読む

乳がん? 女性が気になる胸のしこり~弁護士・大渕愛子さんも心配した「乳腺炎」

がん細胞を濃縮して遺伝子解析〜患者のストレスが大きい「生体診断」を安全で迅速な「液体診断」へ

アークレイ社と東京大学生産技術研究所の共同研究チーは、血液中にある微量のがん細胞(CTC)を遺伝子解析する新たな高純度濃縮システムを開発したと発表した(「日経デジタルヘルス」2016年10月19日)。 発表によると、高純度濃縮システムは、転移性がんの診断、薬剤耐性がんの経過…続きを読む

がん細胞を濃縮して遺伝子解析〜患者のストレスが大きい「生体診断」を安全で迅速な「液体診断」へ

「がん治療法」をAI(人工知能)が選ぶ時代!シカゴ大学の中村祐輔教授らが2年以内に実用化

読売新聞(10月3日) によれば、「がん」の遺伝子研究で世界的に著名なシカゴ大学医学部内科・外科の中村祐輔教授(個別化医療センター副センター長)と情報解析企業FRONTEOの共同開発チームは、AI(人工知能)を活用し、がん患者に適した治療法を選んだり、患者が治療の悩みを解決…続きを読む

「がん治療法」をAI(人工知能)が選ぶ時代!シカゴ大学の中村祐輔教授らが2年以内に実用化
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子