「がん」の記事一覧

健康な若者にもダメージをもたらす「PM2.5」の恐怖~大気汚染で年間約60万人が5歳未満で死亡

大気汚染が原因とされる疾患によって、世界で年間約60万人が5歳未満で死亡している――。 「国連児童基金(ユニセフ)」は10月31日、このような衝撃的な報告書を発表。11月7日からモロッコで始まる「気候変動枠組み条約第22回締約国会議(COP22)」で、各国に対応を促す狙…続きを読む

健康な若者にもダメージをもたらす「PM2.5」の恐怖~大気汚染で年間約60万人が5歳未満で死亡

国立がん研究センターがマジギレ! 「受動喫煙の害を軽く考える」JTの<ポジショントーク>のワケ

いまネット上では、JTに対する国立がん研究センターの<マジギレ>反論が話題を呼んでいる。 「国立研究開発法人国立がん研究センター」は8月30日、科学的根拠に基づき、受動喫煙による日本人の肺がんリスクは「ほぼ確実」から「確実」と評価。受動喫煙の防止を「努力目標」から「明確…続きを読む

国立がん研究センターがマジギレ! 「受動喫煙の害を軽く考える」JTの<ポジショントーク>のワケ

大腸内視鏡検査の前夜からの絶食は無意味!?〜大腸がん予防には定期的な内視鏡検査が最も効果的

大腸内視鏡の検査前の説明で、「前日の夜から何も食べないできてくださいね」といわれたことはないだろうか? しかし、新たな研究で検査前に胃を空にするつらい準備は必要でない可能性が出てきた。 アメリカでは通常、内視鏡検査の前日には固形食を控えて清澄流動食を摂取し、下剤を飲む必…続きを読む

大腸内視鏡検査の前夜からの絶食は無意味!?〜大腸がん予防には定期的な内視鏡検査が最も効果的
美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆