糖尿病と喫煙で早死にリスクがさらにアップ~女性は肺がんの死亡リスクが80%増

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
527652826.jpg糖尿病の女性は肺がんの死亡リスクが8割増(shutterstock.com)

 喫煙はそれだけで十分に健康に悪いが、糖尿病が加わると早期死亡リスクがさらに高まる――。糖尿病をもつ喫煙者は、非糖尿病の喫煙者に比べて早期死亡リスクが2倍にアップするという。

 米コロラド大学アンシュッツ医学キャンパス放射線科教授のKavita Garg氏らが行った研究で示された、新たな知見である。

 この研究は「全米肺検診試験(National Lung Screening Trial;NLST)」の参加者5万3000人強を対象に行われた。

 NLSTは、現在喫煙中あるいは過去に喫煙歴がある肺がんリスクが高い人を対象に、肺がんスクリーニングにおいて低線量CTと胸部X線のどちらが優れるのかを検討したものだ。

 参加者の約1割に当たる5000人以上が糖尿病にかかっており、非糖尿病者に比べて高齢で、喫煙本数が多く、体重が重い傾向がみられた。

女性の糖尿病患者では肺がんの死亡リスクが80%高く……

 研究チームは、肺がん、その他のがん、全死亡のリスクをそれぞれ分析。約7年間の追跡期間中に4000人近くが死亡し、このうち1000人強が肺がん、800人強がその他のがんによる死亡だった。

 追跡期間中の死亡率は、糖尿病をもつ喫煙者の12.6%に対し、非糖尿病の喫煙者では6.8%。糖尿病患者では、非糖尿病者に比べて早期死亡リスクが約2倍だったのだ。

 さらに、女性の糖尿病患者では糖尿病のない女性に比べて、肺がんによる死亡リスクが80%高いことも判明した。

 一方で、男性では、糖尿病患者が喫煙すると早期死亡リスクの増加と関連したが、肺がんによる死亡リスクとの関連は認められなかったという。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫