「がん」の記事一覧

【閲覧注意】“40代までに100%がん” 家族性大腸ポリポーシス! ~大腸全域がポリープだらけに

40代までに「100%がん化」する病気がある。「家族性大腸腺腫症」(familial adenomatous polyposis:FAP)だ。「家族性大腸ポリポーシス」「家族性腺腫性ポリポーシス」とも呼ばれる。 常染色体優性遺伝性の疾患で、大腸全域に無数(100個以上)…続きを読む

 【閲覧注意】“40代までに100%がん” 家族性大腸ポリポーシス! ~大腸全域がポリープだらけに

飲み過ぎ・食べ過ぎ・太り過ぎの三拍子が胃がんリスクをアップさせる!?

加工肉の食べ過ぎには注意(shutterstock.com) 質問です。①アルコールを嗜みますか? ②ハムやベーコンはお好きですか? ③最近BMI(体格指数)を意識していますか? 3問とも「Yes」と答えた方は、心して次の3項目をお読みください。 ①あな…続きを読む

飲み過ぎ・食べ過ぎ・太り過ぎの三拍子が胃がんリスクをアップさせる!?

「ほくろが多いヒトは皮膚がんになりやすい」はウソ!? セルフチェックで早期発見が大事

ほくろの多い人は、メラノーマ(悪性黒色腫)をはじめとする皮膚がんのリスクが高いと考えられてきた。 しかし、このほど、メラノーマ患者の大半はほくろが少なく、異型のほくろが全くない場合も多いという研究結果が発表された(「JAMA Dermatology」オンライン版に3月2…続きを読む

「ほくろが多いヒトは皮膚がんになりやすい」はウソ!?  セルフチェックで早期発見が大事
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太