「がん」の記事一覧

がんサバイバー・鳥越俊太郎さん、都知事をめざす~がん患者への偏見が変わるとき

出馬表明会見の席上、その候補者へは、記者陣から当然の質問が飛んだ。「健康面は大丈夫なのか」「都知事という激務に耐えられるのか」――。 齢76歳の鳥越俊太郎氏は、こう応じた。 「そう思われるのも当然ですね。僕は大腸がんから始まって、肺、肝臓と4回も手術し、大腸がんはス…続きを読む

がんサバイバー・鳥越俊太郎さん、都知事をめざす~がん患者への偏見が変わるとき

末期がん患者の80%が痩せ衰える! 悪液質が完治できれば「苦しまない最期」が迎えられる

がん悪液質は治療できるか?(shutterstock.com) 最期の病と呼ばれる悪液質(cachexia;カヘキシー)は、「悪い状態」という意味の医学用語だ。重症の結核、糖尿病、心臓病、エイズなど、がん以外の疾患にも見られ、心不全患者の16~42%、慢性閉塞性肺疾患患者…続きを読む

末期がん患者の80%が痩せ衰える!  悪液質が完治できれば「苦しまない最期」が迎えられる

激増する〝大腸がん〟を撃退するコツは?〜乳酸菌を含むヨーグルトや漬物で善玉菌を増やす!

大腸がん患者が増え続けている。女性では部位別がんの死亡数でトップ、男性では肺、胃に次いで3位となっており、この順位は2003年以降、変わっていない。しかも大腸がんの患者数は、ここ20年間で2倍以上に増えており、毎年、女性では2万2000人以上のが、男性では2万6000人以上…続きを読む

激増する〝大腸がん〟を撃退するコツは?〜乳酸菌を含むヨーグルトや漬物で善玉菌を増やす!
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波