「がん」の記事一覧

声帯を摘出したつんく♂が声を取り戻した!! 食道の粘膜を振動させて声を作る「食道発声法」とは?

アーティストで音楽プロデューサーのつんく♂が、今年4月、母校・近畿大学の入学式でスピーチを行った際、喉頭がん治療による声帯摘出を公表した。その後、食道発声法のトレーニングに励んできたつんく♂が、久しぶりに公の場に登場したのは7月3日。楽天VS日本ハム戦の始球式だった。その奮…続きを読む

声帯を摘出したつんく♂が声を取り戻した!! 食道の粘膜を振動させて声を作る「食道発声法」とは?

アメリカ人150g、日本人200g、ケニア人520! ウンコの量でわかる腸能力

食物繊維とウンチの親しい関係について話そう。まずはクイズです。あなたが生涯、排泄するウンチの量はどれくらいか? 正解は約5トン! 健康な成人の1日の排泄量を平均約200gとして80年生きれば、ざっとこの量になる。5トンといえば、なんと中型トラック1台分だ。ずいぶん多いと…続きを読む

アメリカ人150g、日本人200g、ケニア人520! ウンコの量でわかる腸能力

まったく痛くない大腸内視鏡検査「水浸法」、国内外で実践する医師も増加中!

新宿大腸クリニック・後藤利夫院長の内視鏡検査は痛くない。だから、鎮静剤を打つ必要がない。さらに、多くの場合3分以内には、肛門から入れたスコープが一番奥の腸まで到達するという早技だ。当然、検査を受ける人の負担は少ない。 大腸にスコープを挿入すると最終的には数字の「7」のよ…続きを読む

まったく痛くない大腸内視鏡検査「水浸法」、国内外で実践する医師も増加中!
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子