「がん」の記事一覧

1万5000歩で心臓疾患のリスク低下! ウオーキングこそコスパに優れた「がん予防」?

「アンチエイジングにいい」「睡眠の質が上がる」「がんを予防する」……運動の効果が今、さまざまな研究で実証されている。 運動はカラダにいい――それでも運動が習慣となりにくい理由の一つに挙げられるのは、「どんな運動をどれくらいしたらよいのかわからない」。具体的に取り組むべき…続きを読む

1万5000歩で心臓疾患のリスク低下! ウオーキングこそコスパに優れた「がん予防」?

受動喫煙で自民・大西議員「がん患者は働かなくていい」発言~「たばこ政策後進国」の行方

塩崎恭久厚生労働相が「歴史的な第一歩を踏み出せるような受動喫煙対策ができるようにしたい」と自ら説明に臨んだ自民党・厚労部会(15日)も、慎重派と規制派双方の合意を得られずに腰砕け――。 今国会(=6月18日閉会)での改正も危ぶまれ、「たばこのない五輪」実現のための周知期…続きを読む

受動喫煙で自民・大西議員「がん患者は働かなくていい」発言~「たばこ政策後進国」の行方

ヘアドネーションで貢献! 医療用ウィッグに柴咲コウ、水野美紀、ベッキーも参加

万古不易というが、この世に永遠に変わらないものがあるだろうか? 女性の黒髪はどうだろう? 男性は、女性の清楚な「黒髪」と明るい「茶髪」のどちらが好きなのだろう? たとえば、「Yahoo!ニュース意識調査」(2013年7月29日~2013年8月8日)によると、黒髪が好き7…続きを読む

ヘアドネーションで貢献! 医療用ウィッグに柴咲コウ、水野美紀、ベッキーも参加
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子