「がん」の記事一覧

がん細胞を1〜2分で破壊! 転移がんにも有効な「近赤外光線免疫治療法」に世界が瞠目

2016年、がん遺伝子の自然選択を根底から阻む可能性を秘めた驚異の免疫療法が、ついに陽の目を見ることになった。 「がんの息を止めた! がん免疫治療に新たな超ブレークスルー!」 そう世界が瞠目する近赤外光線免疫治療法に肉迫しよう。人体に無害な近赤外光線を照射し「が…続きを読む

がん細胞を1〜2分で破壊! 転移がんにも有効な「近赤外光線免疫治療法」に世界が瞠目

エンベデッド(埋め込み型)緩和ケアモデル ~緩和という言葉を使わずに緩和ケアを提供する

「先生、もうやりたいこともやったし、抗がん剤治療を受けてみようかと思うんだけど」 これは、当院の緩和ケア外来に通院していたがん患者さんの言葉である。高齢でもあり、また本人も積極的に抗がん剤治療を希望しなかったことから、緩和ケア外来を紹介され、通院を継続し、しばらく経ってか…続きを読む

エンベデッド(埋め込み型)緩和ケアモデル ~緩和という言葉を使わずに緩和ケアを提供する

健康な若者にもダメージをもたらす「PM2.5」の恐怖~大気汚染で年間約60万人が5歳未満で死亡

大気汚染が原因とされる疾患によって、世界で年間約60万人が5歳未満で死亡している――。 「国連児童基金(ユニセフ)」は10月31日、このような衝撃的な報告書を発表。11月7日からモロッコで始まる「気候変動枠組み条約第22回締約国会議(COP22)」で、各国に対応を促す狙…続きを読む

健康な若者にもダメージをもたらす「PM2.5」の恐怖~大気汚染で年間約60万人が5歳未満で死亡
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆