「がん」の記事一覧

受動喫煙対策で厚労大臣が腰砕け~WHO最低レベルの<おもてなし五輪>開催か?

日本の飲食店の場合、店頭表示で選択すれば「喫煙」も「分煙」も可能である――これが例の「お・も・て・な・し」の実態となるのか。 これでは招致成就会見でアノ、絶妙な笑顔と仕草をふりまいた滝川クリステルさん側が、かりに今後の映像使用を拒否したとしても不思議はないだろう…。…続きを読む

受動喫煙対策で厚労大臣が腰砕け~WHO最低レベルの<おもてなし五輪>開催か? 

検診大国ニッポンの気持ち!? 「母の日」に送迎付きの人間ドックをプレゼントする

4月27日、日露首脳会談で安倍・プーチン両首脳は経済協力プランの医療・保健分野に関する作業計画で合意した。この中には日本の人間ドックの技術を取り入れた「日露予防医療診断センター(仮称)」の早期開設も入っている。 日本は人間ドック先進国なのか? あるいは独自の予防医療体制…続きを読む

検診大国ニッポンの気持ち!? 「母の日」に送迎付きの人間ドックをプレゼントする

がん検診を大きく変えるリキッドバイオプシー~がん患者の半数が治癒可能になる時代③

検診技術の標準化が必須(depositphotos.com) プレシジョン医療(*1)には、当然ながら予防や早期発見も含まれる。肝炎ワクチンやパピローマワクチン(現在では、子宮頚がんだけでなく、頭頸部癌の予防につながると考えられている)など有効な手段だ。 そして、個人ご…続きを読む

がん検診を大きく変えるリキッドバイオプシー~がん患者の半数が治癒可能になる時代③
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆