「がん」の記事一覧

乳がんは手術しなくてもいい!? 人工知能が「高リスク病変」のがん化を97%の精度で予測

人工知能(AI)を利用することで、マンモグラフィ検査と生検で見つかった乳房の「高リスク病変」ががん化するかどうかを97.4%の確率で正確に予測できる可能性が新たな研究で示された。 研究を実施した米マサチューセッツ総合病院のManisha Bahl氏らは「この人工知能シ…続きを読む

乳がんは手術しなくてもいい!? 人工知能が「高リスク病変」のがん化を97%の精度で予測

オーラルセックスで「頸部がん」に!? 米国で早期診断・治療のガイドライン誕生

オーラルセックス(口腔性交)が一般的になってきていることが増加の一因かもしれない。その可能性は否めない――。 いきなり衝撃的な結論から記したが、これはヒトパピローマウイルス(HPV)陽性の「頭頚部がん」の増加に関する米国がん協会 (American Cancer Soc…続きを読む

オーラルセックスで「頸部がん」に!? 米国で早期診断・治療のガイドライン誕生

手術中に10秒でがんを検出できる最新型のペン型診断装置を開発

術中にがんが疑われる組織に当てるだけで、わずか10秒ほどでがんかどうかを特定できるペン型の装置を米テキサス大学の研究グループが開発した。 同グループは「将来この装置が実用化されれば、手術でがん組織の取り残しを回避できるだけでなく、組織検体を病理検査室に送る必要がなくなる…続きを読む

手術中に10秒でがんを検出できる最新型のペン型診断装置を開発
処女と童貞で結婚、一度もセックスができない<未完成婚>の原因は……
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第2回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並び、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるが女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆