「がん」の記事一覧

遺伝性の「乳がん」「卵巣がん」の発症リスクが最も高まる年齢は30歳代と50歳代!

英ケンブリッジ大学公衆衛生・プライマリケア学のAntonis Antoniou氏らは、「BRCA1遺伝子」や「BRCA2遺伝子」に変異がある女性が「乳がん」や「卵巣がん」を発症するリスクが最も高まる年齢などを明らかにした研究結果を『Journal of the Americ…続きを読む

遺伝性の「乳がん」「卵巣がん」の発症リスクが最も高まる年齢は30歳代と50歳代!

「膵がん」の早期発見につながる血液検査「マルチプレックスプラズモンアッセイ」を開発

米マサチューセッツ総合病院(ボストン)のCesar Castro氏らの研究グループは、膵がんの早期診断につながる新たな血液検査を開発し、『Science Translational Medicine』に発表した(「HealthDay News」 2017年5月24日)。…続きを読む

「膵がん」の早期発見につながる血液検査「マルチプレックスプラズモンアッセイ」を開発

受動喫煙対策で厚労大臣が腰砕け~WHO最低レベルの<おもてなし五輪>開催か?

日本の飲食店の場合、店頭表示で選択すれば「喫煙」も「分煙」も可能である――これが例の「お・も・て・な・し」の実態となるのか。 これでは招致成就会見でアノ、絶妙な笑顔と仕草をふりまいた滝川クリステルさん側が、かりに今後の映像使用を拒否したとしても不思議はないだろう…。…続きを読む

受動喫煙対策で厚労大臣が腰砕け~WHO最低レベルの<おもてなし五輪>開催か? 
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太