「がん」の記事一覧

一般病院の2割で患者の自殺が発生! その大半は「闘病苦のがん患者」……

病院での自殺は家族ばかりか看護師の心にも傷を残す(depositphotos.com) ここ数年の報道で注目されることの多い医療事故。3年前、群馬大学付属病院で手術を受けた患者8名が相次いで死亡した問題は、多くの人にとって未だ記憶に新しいところだろう。 一般的に医療事故…続きを読む

一般病院の2割で患者の自殺が発生! その大半は「闘病苦のがん患者」……

坂口良子の最期 横行結腸がんに侵され57歳の若さで永眠

満面の笑顔が女の命運を決めることがある。微笑みがセピア色に変わっても、愛くるしさだけは、いつまでも消え去らない。そんな稀有な女優がいた――。2013(平成25)年3月27日午前3時40分、坂口良子は、横行結腸がんから肺炎を併発し永眠。享年57。 急死直前の3月中旬頃、『…続きを読む

坂口良子の最期 横行結腸がんに侵され57歳の若さで永眠

オーラルセックスで「頸部がん」に!? 米国で早期診断・治療のガイドライン誕生

オーラルセックス(口腔性交)が一般的になってきていることが増加の一因かもしれない。その可能性は否めない――。 いきなり衝撃的な結論から記したが、これはヒトパピローマウイルス(HPV)陽性の「頭頚部がん」の増加に関する米国がん協会 (American Cancer Soc…続きを読む

オーラルセックスで「頸部がん」に!? 米国で早期診断・治療のガイドライン誕生
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太