「がん」の記事一覧

腸内細菌が「がん治療」を左右する!? 「免疫チェックポイント阻害薬」の効果に影響

我々の腸内には、100種類以上、数にして約100兆個ともいわれる細菌がいる。近年、「腸内細菌」は腸だけでなく、全身の健康やダイエット、美容にも深い関わりがあると注目されている。 メディアでも「腸活」や「腸内フローラ」などが取り上げられ、見聞きしたことも多いだろう。今回、…続きを読む

腸内細菌が「がん治療」を左右する!? 「免疫チェックポイント阻害薬」の効果に影響

本田美奈子.享年38〜急性骨髄性白血病(AML)が奪った3オクターブの美声!

11月6日は38歳の若さで亡くなった本田美奈子の命日だった。宇宙のビッグバンの瞬間を目撃した人はない。我が臨終の刹那を看取って旅立った人もない。見果てぬ夢を追い求め、歌、ダンス、恋、患者支援に夢を紡いだ、不世出の女性シンガーもいない。「アメージング・グレース」を絶唱した、こ…続きを読む

本田美奈子.享年38〜急性骨髄性白血病(AML)が奪った3オクターブの美声!

坂口良子の最期 横行結腸がんに侵され57歳の若さで永眠

満面の笑顔が女の命運を決めることがある。微笑みがセピア色に変わっても、愛くるしさだけは、いつまでも消え去らない。そんな稀有な女優がいた――。2013(平成25)年3月27日午前3時40分、坂口良子は、横行結腸がんから肺炎を併発し永眠。享年57。 急死直前の3月中旬頃、『…続きを読む

坂口良子の最期 横行結腸がんに侵され57歳の若さで永眠
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆