「がん」の記事一覧

糖尿病や肥満が「がん」を招く!なぜ糖尿病や肥満はがん発症に影響するのか

20世紀半ば以来の世界的な医学の進歩で、心疾患や脳血管疾患など、多くの病気の死亡率は大幅に低下してきた。一方、この60数年で「がん」の死亡率はあまり変わっておらず、がん研究者の戦いは依然として続いている。 近年は特に「糖尿病」や「肥満」と「がん」の関係について、世界中で…続きを読む

糖尿病や肥満が「がん」を招く!なぜ糖尿病や肥満はがん発症に影響するのか

「電子タバコ」安全神話が崩壊? 「IQOS(アイコス)」に健康被害の<イエローカード>!?

こちら(非喫煙者)から訊いてもいないのに、紙タバコから新型タバコ(電子タバコ、非燃焼・加熱式タバコ)へと転向した人々が、決まって口にする定番の弁明が幾つかある――。 彼ら曰く「これまでのタバコよりも健康リスクが少ない」「受動喫煙の危険性もない」、あるいは、煙がない/見え…続きを読む

「電子タバコ」安全神話が崩壊? 「IQOS(アイコス)」に健康被害の<イエローカード>!?

日本人は「がん」にビビりすぎ?がん治療に対する日米の違いが明らかに

今夏、米国臨床腫瘍学会(ASCO)が、調査委会社のHarris Poll社に委託して「がんの意識調査」を実施した。まずはその設問の一部と回答例を、あなたにも追体験してもらおう。 「もし、あなたが高額ながん治療費に日々悩む患者だとしたら、その節約手段として下記のうち、どの…続きを読む

日本人は「がん」にビビりすぎ?がん治療に対する日米の違いが明らかに
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫