「がん」の記事一覧

早期がんの場合、代替療法のみで治療するがん患者は生存率が低い

最初に発生した原発部位から広がっていなく限られた狭い範囲にのみある<限局性のがん>に対し、代替療法のみで治療することを選択した患者では、死亡リスクが高まる可能性のあることが新たな研究で報告された。 研究の筆頭著者である米イェール大学医学大学院、イェールがんセンターのSk…続きを読む

早期がんの場合、代替療法のみで治療するがん患者は生存率が低い

「がん免疫療法」で副作用や死亡事例!? ステージ4も完治できる<武器>を使うには

<第4の治療>として注目されている「がん免疫療法」。これまで「手術」「放射線療法」「化学療法」が、がん治療の3本柱だったが、効果が明らかな免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」「キイトルーダ」などが登場し、治療方法は飛躍的に進歩している。 その一方で、書籍や雑誌、イン…続きを読む

「がん免疫療法」で副作用や死亡事例!? ステージ4も完治できる<武器>を使うには

国内喫煙者(約2000万人)が電子タバコ「IQOS」「ブルーム・テック」に転向!?

本気で「禁煙国家」をめざしているオーストラリアでは、2012年から厳しいPR規制を実施しており、タバコ各社の商標やロゴマークの使用も認められていない。代わりに統一デザインの箱面には、喫煙が原因で病気になった患者らの痛ましい肖像が刷り込まれている。 そんな思わず喫煙意欲を…続きを読む

国内喫煙者(約2000万人)が電子タバコ「IQOS」「ブルーム・テック」に転向!?
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆