「がん」の記事一覧

がん治療に「経済的毒性」〜 治療費の上昇で保険加入者でも重い負担

抗がん剤の新薬が次々登場し治療の可能性を広げているが、近年ではあまりにも費用が高額になり、患者のQOLと服薬アドヒアランス(患者が薬剤を処方通りに服薬すること)に悪影響を及ぼしている。この患者に負担を与える治療費の問題は、「経済的毒性」と呼ばれ、米国で深刻化している。 …続きを読む

がん治療に「経済的毒性」〜 治療費の上昇で保険加入者でも重い負担

加工肉に発がん性? 1日で治療できるインフルエンザ治療薬など~注目のニュース

●「加工肉に発がん性」報告に生産サイドが猛反発 ハムやベーコン、ソーセージなどの加工肉を1日50グラム食べると、大腸がんになるリスクが18%高まる。こんな衝撃的な報告が世界保健機関(WHO)傘下の専門組織、国際がん研究機関(IARC)によって公表された。(10月26日)…続きを読む

加工肉に発がん性? 1日で治療できるインフルエンザ治療薬など~注目のニュース

北斗晶さんの乳がん治療で再び議論される検診、受診する側の意識は!?

乳がん治療のために右の乳房を全摘出し、術後抗がん剤治療を受けることになった北斗晶さん。毎年秋頃に、婦人科検診と一緒に乳がんの検査を受けていたが昨年の検査では腫瘍は発見されず、この7月に乳がんと診断されている。 報道後、マンモグラフィーの受診を希望する女性が増えたというが…続きを読む

北斗晶さんの乳がん治療で再び議論される検診、受診する側の意識は!?
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太