「がん」の記事一覧

不治でも“仕事を続ける”がん患者は3人に1人! 継続の決断は「症状の度合い」

アメリカには、推定約480万人のがん患者がいる。この推定人口には、当然、余命が限られた不治(=治癒不能)の患者も含まれている。だが、その治癒不能のがん患者のうち、「どれくらいの人たちが現役で仕事を続けているか?」という詳細な統計となると、皆無に等しかった。 実際はどうな…続きを読む

不治でも“仕事を続ける”がん患者は3人に1人! 継続の決断は「症状の度合い」

人気声優・松来未祐さんの死因をめぐり自殺説まで。ネット上に飛び交う憶測の数々

病気治療のため、活動休止状態だった声優の松来未祐さん(享年38)が10月27日に都内病院で死去。葬儀は故人・遺族の意向から親族のみで執り行われていたことが11月2日付の所属事務所名義でHP上にて公表された。が、闘病末期や死因の明記が一切ないため、ネット上では哀悼の弁に雑じっ…続きを読む

人気声優・松来未祐さんの死因をめぐり自殺説まで。ネット上に飛び交う憶測の数々

セルフチェックできる皮膚がん「ABCDEの法則」で早期発見?

皮膚がんのなかで、悪性度が最も高いのがメラノーマ。悪性黒色腫とも呼ばれほくろと一見同じに見えても全く別の病気。進行すると、リンパ節や他の臓器(脳、骨、内臓)に転移して致命的な結果を引き起こす。 米ニューヨーク大学(NYU)医学部/ランゴン医療センターのDoris Day…続きを読む

セルフチェックできる皮膚がん「ABCDEの法則」で早期発見?
美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆