「がん」の記事一覧

34歳以下でも禁煙治療に保険適用可能に! 44歳までに禁煙できれば死亡リスクは激減!?

飲食店や職場での分煙や禁煙が浸透し、「タバコ吸い」の肩身がますます狭くなる昨今。世界保健機関(WHO)の2013年の試算によると、喫煙による年間死者数は世界で600万人に上り、このまま行けば2030年には年間死者数が800万人に達するという。諸々の理由で「すっぱりタバコをや…続きを読む

34歳以下でも禁煙治療に保険適用可能に! 44歳までに禁煙できれば死亡リスクは激減!?

発症率100万人に1.5人 オードリー・ヘプバーンを襲った「腹膜偽粘液腫」とは?

オードリー・ヘプバーンは、1929(昭和4)年5月4日、ブリュッセルのイクセルで生まれた。5歳でイギリスの寄宿学校に入学。両親は離婚し、父と離別。10歳の時、祖父の住むオランダ、アムステルダムへ移住。6年間、ソニア・ガスケルの特訓が実り、バレリーナになる。 第二次世界大…続きを読む

発症率100万人に1.5人 オードリー・ヘプバーンを襲った「腹膜偽粘液腫」とは?

不老長寿? 1日80円の「糖尿病治療薬」で寿命が20年延び、健康なら120歳は確実!?

集中力が続かなくなった。体調が悪い日が増えた。小さな字が読みにくくなってきた……。日々のふとしたことで老化を実感し、「あぁ、若い頃の体に戻りたい」と思ったことはないだろうか。もちろん一旦進んだ時計の針を巻き戻すことは非現実的だ。 しかし、「これから進む老化を、少なくとも…続きを読む

不老長寿? 1日80円の「糖尿病治療薬」で寿命が20年延び、健康なら120歳は確実!?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫