「がん」の記事一覧

がんの痛みの管理が成せた!? 新作発表後に “★になった”デヴィッド・ボウイさん

69歳の誕生日に3年ぶりの新作『★(Black Star)』を発表したデヴィッド・ボウイさん。その僅か2日後の1月10日、自身のFaceBook上で永眠が公表された。 記された闘病期間は18カ月、仕事仲間の証言によれば、病名は「肝がん」。故人の「騒がれず静かに逝きたい…続きを読む

がんの痛みの管理が成せた!? 新作発表後に “★になった”デヴィッド・ボウイさん

不治でも“仕事を続ける”がん患者は3人に1人! 継続の決断は「症状の度合い」

アメリカには、推定約480万人のがん患者がいる。この推定人口には、当然、余命が限られた不治(=治癒不能)の患者も含まれている。だが、その治癒不能のがん患者のうち、「どれくらいの人たちが現役で仕事を続けているか?」という詳細な統計となると、皆無に等しかった。 実際はどうな…続きを読む

不治でも“仕事を続ける”がん患者は3人に1人! 継続の決断は「症状の度合い」

加工肉に発がん性? 1日で治療できるインフルエンザ治療薬など~注目のニュース

●「加工肉に発がん性」報告に生産サイドが猛反発 ハムやベーコン、ソーセージなどの加工肉を1日50グラム食べると、大腸がんになるリスクが18%高まる。こんな衝撃的な報告が世界保健機関(WHO)傘下の専門組織、国際がん研究機関(IARC)によって公表された。(10月26日)…続きを読む

加工肉に発がん性? 1日で治療できるインフルエンザ治療薬など~注目のニュース
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆