「がん」の記事一覧

室内で使う殺虫剤にリスク! 小児白血病の発症が4割以上アップ?

地球温暖化のためなのか、住宅やさまざまな建造物の気密性が上がっているためか……。近年、小バエや蚊など、人にとって不快な虫の発生シーズンがどんどん長くなり、ほぼ1年中生息している印象さえある。 そんなときに頼りになるのが、室内用の防虫剤や殺虫剤。定番のエアゾールや電池式…続きを読む

室内で使う殺虫剤にリスク! 小児白血病の発症が4割以上アップ?

喫煙よりも「受動喫煙」のほうが危険! 男性では歯周病リスクが3倍以上に!

ご存じの通り日本における喫煙率は年々下がり、今は街中や職場での分煙も進んできた。タバコを吸う人にとっては窮屈な世の中になったが、吸わない人にとっては歓迎だろう。それでもやはり、タバコから立ち上る副流煙や、喫煙者から吐き出される煙を吸ってしまう「受動喫煙」を完全に避けることは…続きを読む

喫煙よりも「受動喫煙」のほうが危険! 男性では歯周病リスクが3倍以上に!

CTスキャンで細胞損傷、発がんの可能性 世界一のCT大国日本は大丈夫?

CTスキャンを受けると細胞傷害が生じることが、新たな研究で判明、「Journal of the American College of Cardiology: Cardiovascular Imaging」オンライン版に7月22日掲載された。ただし、それががんなどの健康問題…続きを読む

CTスキャンで細胞損傷、発がんの可能性 世界一のCT大国日本は大丈夫?
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛