「がん」の記事一覧

緊急寄稿:日本の医療制度が崩壊しないために今なにが必要か?

日本の医療、とくに、「医療保険制度が継続可能か?」と問われて久しいが、ぎりぎりで崩壊せずに維持されている。しかし、断崖絶壁まで追い詰められているような状況に見える。 最近、バングラデシュを訪問した私の弟子の一人が「衛生状態が非常に悪く、人々はまだ短命で、いかに日本やアメ…続きを読む

緊急寄稿:日本の医療制度が崩壊しないために今なにが必要か?

つんく♂の歌声もよみがえる!? 失われた「本人の肉声」を取り戻す会話支援用ソフト

音楽プロデューサーのつんく♂が、喉頭がんの後遺症によって自分の声を失ったことが、大きなニュースになったことは記憶に新しい。今年4月、自身の出身大学である近畿大学の入学式で、自分で書かれた手紙形式のメッセージを司会者に代読してもらった。 メッセージでは「なぜ、今、私は声に…続きを読む

つんく♂の歌声もよみがえる!? 失われた「本人の肉声」を取り戻す会話支援用ソフト

日本発「スマート・ライフ・プロジェクト」が世界の健康寿命を延ばす!?

近年、「生活習慣病」が問題視されて久しい。高血圧や動脈硬化、糖尿病、肥満などは、日本人の死因に大きく関わっているからだ。そのリスクは、世界的な関心事のようだ。 「ワシントン大学健康指標評価研究所(IHME)」は、英医学誌『ランセット』(2015年8月25日付)で、ある…続きを読む

日本発「スマート・ライフ・プロジェクト」が世界の健康寿命を延ばす!?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆