乳がん? 女性が気になる胸のしこり~弁護士・大渕愛子さんも心配した「乳腺炎」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
524522578.jpg授乳期の女性が気になる胸のしこり(shutterstock.com)

 弁護士でタレントの大渕愛子さんが自身のブログで、出産後にできた右胸のしこりが腫れ、母乳外来を受診したことを明かした。

 ブログ(12月13日)によると、胸の外側にできた「硬いゴリゴリ」が、右だけみるみる硬くなってパンパンに。さらに脇の下まで腫れ上がり、生まれたばかりの赤ちゃんも硬くなった右胸を吸いたがらなくなってしまったという。

 このままでは「乳腺炎」になるかもしれないと危惧して、母乳外来の受診を早めたという報告だった。

 大渕さんが懸念した乳腺炎とは、細菌感染による乳腺の炎症のこと。発熱・痛み・腫れなどを引き起こす。ときにはしこりも見られ、ひどくなると乳頭から膿が出ることもある。

 乳腺炎が起こりやすいのは授乳期で、原因としては母乳の流れが悪くなって細菌感染を起こしたり、赤ちゃんが乳頭を傷つけたりすることなどが挙げられる。

 もし、乳腺炎が原因で母乳の流れが悪くなっていたら、まず搾乳をするなどして流れをよくする。それでも炎症がひどくなったら、いったん授乳をやめて、抗生物質などの薬で治療するのが一般的だ。

 もちろん、治療中に搾乳した乳汁は、細菌や薬の成分を含んでいることがあるので、赤ちゃんに与えられない。

精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛