乳がん? 女性が気になる胸のしこり~弁護士・大渕愛子さんも心配した「乳腺炎」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
524522578.jpg授乳期の女性が気になる胸のしこり(shutterstock.com)

 弁護士でタレントの大渕愛子さんが自身のブログで、出産後にできた右胸のしこりが腫れ、母乳外来を受診したことを明かした。

 ブログ(12月13日)によると、胸の外側にできた「硬いゴリゴリ」が、右だけみるみる硬くなってパンパンに。さらに脇の下まで腫れ上がり、生まれたばかりの赤ちゃんも硬くなった右胸を吸いたがらなくなってしまったという。

 このままでは「乳腺炎」になるかもしれないと危惧して、母乳外来の受診を早めたという報告だった。

 大渕さんが懸念した乳腺炎とは、細菌感染による乳腺の炎症のこと。発熱・痛み・腫れなどを引き起こす。ときにはしこりも見られ、ひどくなると乳頭から膿が出ることもある。

 乳腺炎が起こりやすいのは授乳期で、原因としては母乳の流れが悪くなって細菌感染を起こしたり、赤ちゃんが乳頭を傷つけたりすることなどが挙げられる。

 もし、乳腺炎が原因で母乳の流れが悪くなっていたら、まず搾乳をするなどして流れをよくする。それでも炎症がひどくなったら、いったん授乳をやめて、抗生物質などの薬で治療するのが一般的だ。

 もちろん、治療中に搾乳した乳汁は、細菌や薬の成分を含んでいることがあるので、赤ちゃんに与えられない。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真