「がん」の記事一覧

「ほくろが多いヒトは皮膚がんになりやすい」はウソ!? セルフチェックで早期発見が大事

ほくろの多い人は、メラノーマ(悪性黒色腫)をはじめとする皮膚がんのリスクが高いと考えられてきた。 しかし、このほど、メラノーマ患者の大半はほくろが少なく、異型のほくろが全くない場合も多いという研究結果が発表された(「JAMA Dermatology」オンライン版に3月2…続きを読む

「ほくろが多いヒトは皮膚がんになりやすい」はウソ!?  セルフチェックで早期発見が大事

あの元おニャン子が「乳がん」で乳房全摘・再建の決断〜米国では「温存」より「全摘」を選ぶ傾向に

元おニャン子クラブの人気アイドル、現在は女優で活躍している生稲晃子さんが乳がん(初期の浸潤性乳頭腺管がん)と診断されたのは、2011年4月28日。奇しくも43歳の誕生日だった。早期発見が幸いし、腫瘍部分だけを切除する乳房温存手術を受ける。だが、2012年9月と2013年10…続きを読む

あの元おニャン子が「乳がん」で乳房全摘・再建の決断〜米国では「温存」より「全摘」を選ぶ傾向に

“しこり”を作らない乳がんもある! 30代からチェックしたい乳腺の「石灰化」

今年1月、国立がん研究センターが「がん患者の10年生存率」を初めて公表した。女性に多い乳がんは80.4%という結果だったが、5年生存率88.7%と比べると、生存率は下がっている。 最先端医療などで、がんの生存率が高まる一方、乳がんのように再発の危険がある部位があることは…続きを読む

“しこり”を作らない乳がんもある! 30代からチェックしたい乳腺の「石灰化」
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆