「がん」の記事一覧

発症率100万人に1.5人 オードリー・ヘプバーンを襲った「腹膜偽粘液腫」とは?

オードリー・ヘプバーンは、1929(昭和4)年5月4日、ブリュッセルのイクセルで生まれた。5歳でイギリスの寄宿学校に入学。両親は離婚し、父と離別。10歳の時、祖父の住むオランダ、アムステルダムへ移住。6年間、ソニア・ガスケルの特訓が実り、バレリーナになる。 第二次世界大…続きを読む

発症率100万人に1.5人 オードリー・ヘプバーンを襲った「腹膜偽粘液腫」とは?

がん治療に「経済的毒性」〜 治療費の上昇で保険加入者でも重い負担

抗がん剤の新薬が次々登場し治療の可能性を広げているが、近年ではあまりにも費用が高額になり、患者のQOLと服薬アドヒアランス(患者が薬剤を処方通りに服薬すること)に悪影響を及ぼしている。この患者に負担を与える治療費の問題は、「経済的毒性」と呼ばれ、米国で深刻化している。 …続きを読む

がん治療に「経済的毒性」〜 治療費の上昇で保険加入者でも重い負担

ゾウは「がん」に罹りにくい? 腫瘍抑制因子がヒトの20倍!

6トンを超える体をもちながら70年以上生き、ほとんどがんにならない動物――それがゾウである。この世界最大の陸生動物ががんにならない理由の解明に取り組んだ研究チームが、その秘密を突き止めたという。 研究著者である米ユタ大学のJoshua Schiffman氏は、「男性の半…続きを読む

ゾウは「がん」に罹りにくい? 腫瘍抑制因子がヒトの20倍!
インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第1回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

インソール(靴の中敷き)については、足のニオイ消しや靴のサイズ調整などでこれまでに使った経験がある人は多いだろう。「靴の中に入れるものはすべてインソールなのですが、目的や役割で分類できるんです」と教えてくれるのは、義肢装具士の大平吉夫さん。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。大平さんにインソールについて詳しく聞いてみた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真