「がん」の記事一覧

あの元おニャン子が「乳がん」で乳房全摘・再建の決断〜米国では「温存」より「全摘」を選ぶ傾向に

元おニャン子クラブの人気アイドル、現在は女優で活躍している生稲晃子さんが乳がん(初期の浸潤性乳頭腺管がん)と診断されたのは、2011年4月28日。奇しくも43歳の誕生日だった。早期発見が幸いし、腫瘍部分だけを切除する乳房温存手術を受ける。だが、2012年9月と2013年10…続きを読む

あの元おニャン子が「乳がん」で乳房全摘・再建の決断〜米国では「温存」より「全摘」を選ぶ傾向に

“スピワゴ小沢” に喉頭がん疑惑!?~喫煙の危険指数と“ハスキーボイス”に兆候が……

お笑いコンビ、スピードワゴンの小沢一敬さん(42)がTBS系『駆け込みドクター! 運命を変える健康診断』(2月21日放送)内で“喉頭がんの疑い”を指摘された。 クールを装うもさすがに動揺を隠しきれなかった“セカオザ”(SEKAI NO OZAWA)。 「病気のこと…続きを読む

“スピワゴ小沢” に喉頭がん疑惑!?~喫煙の危険指数と“ハスキーボイス”に兆候が……

国家予算の半分、年間40兆円の医療費を抑えるには「がん検診」の完全義務化だ!

「市民のためのがん治療の会」は昨年10月23日、参議院議員会館において「がん検診を考える」をテーマに講演会を行った。その時の講演、質疑を踏まえ、私たちは次の事柄を中心に、がん検診を考えた。 どのような検診が、がんの発見に有効かの研究を進め、検診の際の苦しさや痛みなどをで…続きを読む

国家予算の半分、年間40兆円の医療費を抑えるには「がん検診」の完全義務化だ!
美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆