「がん」の記事一覧

いまさら抗がん剤の値段の高さに驚くメディアと医薬品貿易赤字を解消できない日本

産経新聞に「1剤が国を滅ぼす」高額がん治療薬の衝撃 年齢制限求む医師に「政権がもたない」という記事が出ていた。 最後には「だが、効果の有無が事前に分からない以上、オプジーボに望みを託す患者を選別することは難しい。その薬価は、患者すべての期待に応えるにはあまりに高額だ。」…続きを読む

いまさら抗がん剤の値段の高さに驚くメディアと医薬品貿易赤字を解消できない日本

医療保険の「先進医療特約」は本当におトク? 高額な医療費を保障できるそのカラクリは……

医学の発達により、がんを始めとする難病の新たな治療技術が日進月歩で進む現代。病気と闘う患者の選択肢が増えるのは良いことなのだが、裏を返せば「お金をいくらかけてどこまで治療するのか?」という問題に直面することになる。 最新の「先進医療」の多くは、健康保険がきかない。費用の…続きを読む

医療保険の「先進医療特約」は本当におトク? 高額な医療費を保障できるそのカラクリは……

がん検診で被ばく? 検診でのX線間接撮影はCTや超音波などに切り替えるべき

日本は世界一の医療被ばく国であり、2004年には日本人のがん罹患者の3.2%が診断被ばくが原因とされる内容の論文まで出されている。また、がん検診の有効性に疑問を投げかけ、「がん放置療法」まで言い出す医師も出現する昨今である。 しかし、がん治療においては、早期に発見し治療…続きを読む

がん検診で被ばく? 検診でのX線間接撮影はCTや超音波などに切り替えるべき
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子