「がん」の記事一覧

加工肉に発がん性? 1日で治療できるインフルエンザ治療薬など~注目のニュース

●「加工肉に発がん性」報告に生産サイドが猛反発 ハムやベーコン、ソーセージなどの加工肉を1日50グラム食べると、大腸がんになるリスクが18%高まる。こんな衝撃的な報告が世界保健機関(WHO)傘下の専門組織、国際がん研究機関(IARC)によって公表された。(10月26日)…続きを読む

加工肉に発がん性? 1日で治療できるインフルエンザ治療薬など~注目のニュース

セルフチェックできる皮膚がん「ABCDEの法則」で早期発見?

皮膚がんのなかで、悪性度が最も高いのがメラノーマ。悪性黒色腫とも呼ばれほくろと一見同じに見えても全く別の病気。進行すると、リンパ節や他の臓器(脳、骨、内臓)に転移して致命的な結果を引き起こす。 米ニューヨーク大学(NYU)医学部/ランゴン医療センターのDoris Day…続きを読む

セルフチェックできる皮膚がん「ABCDEの法則」で早期発見?

尊厳死のあり方に一石を投じた昭和天皇の最期――がん告知や延命処置は適切だったか?

1945年(昭和20年)8月15日、正午。蝉しぐれが降り注ぐ炎天下。誰もが身を固くして、うやうやしく頭を垂れていた。昭和天皇の玉音放送(終戦の詔勅)が、ラジオから訥々(とつとつ)と流れる。 「朕ハ時運ノ趨ク所堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ萬世ノ爲ニ太平ヲ開カムト欲ス」…続きを読む

尊厳死のあり方に一石を投じた昭和天皇の最期――がん告知や延命処置は適切だったか?
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆