がん細胞を1〜2分で破壊! 転移がんにも有効な「近赤外光線免疫治療法」に世界が瞠目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
186076598.jpg

有効か?近赤外光線免疫治療法(shutterstock.com)

 2016年、がん遺伝子の自然選択を根底から阻む可能性を秘めた驚異の免疫療法が、ついに陽の目を見ることになった。

 「がんの息を止めた! がん免疫治療に新たな超ブレークスルー!」

 そう世界が瞠目する近赤外光線免疫治療法に肉迫しよう。

人体に無害な近赤外光線を照射し「がん細胞」を死滅

 イノベーションの衝撃波は、対がん戦略である国家がんプログラムを推進しているNCI(米国立がん研究所)から起きた――。2016年11月15日の主要メディアの報道によれば、NCIの小林久隆主任研究員は、「人体に無害な近赤外光線を照射し、がん細胞を死滅させる近赤外光線免疫治療法」をついに開発した。

 がんの治療法は、身体への侵襲性が大きい外科手術、副作用が強い放射線療法と化学療法の3つがあるが、どの治療法も、がんの転移や再発などのハイ・リスクを抱えている。

 近赤外光線免疫治療法は、がん細胞の死滅率が極めて高く、ほとんどのがんに適用できるだけでなく、転移がんにも有効で、副作用が少ない。しかも、必要な設備や薬品は安価なため、医療費の削減にも貢献するという。

 この治療法の研究がスタートしたのは、およそ20年前。2012年の一般教書演説では、オバマ大統領が治療法の発見を取り上げ、「米国の偉大な研究成果」と絶賛したことで知られる。2015年4月に、FDA(米国食品医薬品局)から臨床試験の認可を得た。現在、およそ300人の患者を対象に臨床試験を進めており、2~3年後の実用化が視野に入っている。

精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛