「がん」の記事一覧

松田優作、膀胱がんを患いながらも「映画と心中」した40歳の壮絶な最期

「人間は二度死ぬ。肉体が滅びた時と、みんなに忘れ去られた時だ」――。野獣のような体臭、命を切り刻むような哀感。「なんじゃこりゃぁ!?」。あの時代に飢え切った肉声を撒き散らしながら、ほくそ笑んで旅立った孤高の男・松田優作。その後ろ姿を見失った世代は忘れがたい。 1989(…続きを読む

松田優作、膀胱がんを患いながらも「映画と心中」した40歳の壮絶な最期

10月1日から乳がん月間! 検診と治療の新時代の幕開けか?患者の5%が手術不要に!

10月1日(ピンクリボンデー)から乳がん月間(乳がん早期発見強化月間)がスタート。乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進・啓発するピンクリボン(Pink ribbon)運動が世界で展開されている。 日本では、NPO法人「J.POSH」(日本笑顔と幸せのピン…続きを読む

10月1日から乳がん月間! 検診と治療の新時代の幕開けか?患者の5%が手術不要に!

ほくろに悪性の皮膚がんメラノーマ(悪性黒色腫)が発生する可能性は意外に低い

ほくろ(母斑)には皮膚がんの1種で非常に悪質はメラノーマ(悪性黒色腫)が発生しやすいと考えている人が多い。しかし、過去に発表された38件の観察研究をメタ解析した結果、ほくろから発生したメラノーマの割合は3割ほどで、残る7割は皮膚のほくろがない部位から発生していたことが分かっ…続きを読む

ほくろに悪性の皮膚がんメラノーマ(悪性黒色腫)が発生する可能性は意外に低い
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波