「がん」の記事一覧

つんく♂の歌声もよみがえる!? 失われた「本人の肉声」を取り戻す会話支援用ソフト

音楽プロデューサーのつんく♂が、喉頭がんの後遺症によって自分の声を失ったことが、大きなニュースになったことは記憶に新しい。今年4月、自身の出身大学である近畿大学の入学式で、自分で書かれた手紙形式のメッセージを司会者に代読してもらった。 メッセージでは「なぜ、今、私は声に…続きを読む

つんく♂の歌声もよみがえる!? 失われた「本人の肉声」を取り戻す会話支援用ソフト

室内で使う殺虫剤にリスク! 小児白血病の発症が4割以上アップ?

地球温暖化のためなのか、住宅やさまざまな建造物の気密性が上がっているためか……。近年、小バエや蚊など、人にとって不快な虫の発生シーズンがどんどん長くなり、ほぼ1年中生息している印象さえある。 そんなときに頼りになるのが、室内用の防虫剤や殺虫剤。定番のエアゾールや電池式…続きを読む

室内で使う殺虫剤にリスク! 小児白血病の発症が4割以上アップ?

明日は自分かも...... 増える"がんサバイバー" が安心して働ける社会に改革を!

1981年以降、悪性新生物、すなわち「がん」が、日本人の死因トップの座に居座り続けている。 厚生労働省の人口動態統計を見ると、平成25年、がんによる死亡者数は36万4721人。2位の心疾患(19万6547人)と3位の肺炎(12万2880人)の合計(31万9427人)より…続きを読む

明日は自分かも...... 増える
バナー1b.jpeg
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子