「がん」の記事一覧

黒木奈々さん(享年32)も胃がんで急逝、国がん「予測」でリスク回避

2015年9月19日、フリーアナウンサーの黒木奈々さん(享年32)が、胃がんのため亡くなった。一年前に胃がんであることを公表し、自身の闘病体験を綴った『未来のことは未来にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』を刊行し、仕事を再開した矢先の訃報だった。 が…続きを読む

黒木奈々さん(享年32)も胃がんで急逝、国がん「予測」でリスク回避

緊張やストレスでお腹が痛くなって下痢をするのはなぜ? 腸と脳の密接なつながり

腸の主な役割は、食べ物を消化し、水分や栄養などを吸収し、食物のカスから腸内細菌を使って便を作らせること。しかし、腸の役割はそんなに単純なものではない。最近では腸の研究が進み、脳との関係、さらには、全身の健康を大きく左右する臓器として注目を浴びている。腸は脳の監督下ではな…続きを読む

緊張やストレスでお腹が痛くなって下痢をするのはなぜ? 腸と脳の密接なつながり

シフトワーカー(交代勤務者)は短命!? 不規則な勤務時間がもたらす健康への影響

国際市場を相手にするワールドワイドな企業が増えたこと、24時間営業の店が増えたこと、介護の仕事が増えたことなどで、シフトワーカー(交代勤務者)が増えている。いまや労働者の4人に1人という割合だ。日勤(昼間勤務)に比べて、夜勤(夜間勤務)はつらいなどとよく言われるが、日勤もす…続きを読む

シフトワーカー(交代勤務者)は短命!? 不規則な勤務時間がもたらす健康への影響
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波