「がん」の記事一覧

まったく痛くなく、便秘も解消される大腸内視鏡検査 技ありの専門医が語る大腸がんのすべて

東京西新宿。高層ビル群を望む一角に、知る人ぞ知る大腸内視鏡検査専門の「新宿大腸クリニック」がある。院長の後藤利夫氏は、これまでに4万例以上もの検査を行い1件の事故も起こしていない、この分野の第一人者だ。 後藤院長が、日本でも数少ない大腸内視鏡検査のスペシャリストとなる道…続きを読む

まったく痛くなく、便秘も解消される大腸内視鏡検査 技ありの専門医が語る大腸がんのすべて

今井雅之が闘う大腸がんは女性の死亡数では第1位  検診率の低さが最大の課題

俳優の今井雅之は5月1日から全国公演を予定していた舞台「THE WINDS OF GOD」(主演)を降板することになったと自らのブログで報告。本人のコメントは「昨年大腸を患い検査を行ったところ大腸がんであることがわかり、緊急手術を行いました。現在は抗がん剤治療を行っており…続きを読む

今井雅之が闘う大腸がんは女性の死亡数では第1位  検診率の低さが最大の課題

死因第1位の「がん」は早期発見・早期治療ばかりがいいとも限らない!?

早期発見・早期治療、がんが早く見つかることはいい――。どうもそうとばかりでは言いきれない、そんな本音がアンケート調査で報告された。 がん検診における「過剰検出」という言葉を知っているだろうか。医学や医療機器の進歩は、さまざまな病気をより早く発見して治療を行うことに寄与…続きを読む

死因第1位の「がん」は早期発見・早期治療ばかりがいいとも限らない!?
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆