「がん」の記事一覧

抗がん剤治療の前に生殖機能の温存をどう考えるべきなのか?

若いがん患者、特に女性患者の多くは、生殖機能を温存する選択肢について十分に認識していないことが、新たな研究で明らかにされた。がんやその治療によって一部の患者は生殖能力を失うことがあるため、若い患者や担当医師は、その問題と対処法について十分に話し合うことが重要だと、「Can…続きを読む

抗がん剤治療の前に生殖機能の温存をどう考えるべきなのか?

SMAP・中居正広さんへ遺言、俳優・今井雅之さんの最期から「緩和ケア」を考える

7月11日、SMAPの中居正広さんがラジオ番組『中居正広のSome girl'SMAP」(ニッポン放送)で、今年5月に大腸がんで亡くなった俳優・今井雅之さんとの思い出を語った――。 二人は、1995年に放送されたドラマ『味いちもんめ』テレビ朝日系)で共演。当初は確執して…続きを読む

SMAP・中居正広さんへ遺言、俳優・今井雅之さんの最期から「緩和ケア」を考える

大腸がん、生活習慣病の予防、ダイエットに欠かせない食物繊維を、人類は紀元前6000年から食べていた!

大腸がんや生活習慣病の予防、ダイエットに欠かせない食物繊維。人類は、いつ頃から食物繊維を食べていたのだろう? そのルーツをたどると、紀元前6000~4000年頃に小麦の栽培が始まったメソポタミア河流域に行き着く。古代の人たちが食べていたのは、小麦や大麦を粉に砕き、水を加えて…続きを読む

大腸がん、生活習慣病の予防、ダイエットに欠かせない食物繊維を、人類は紀元前6000年から食べていた!
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太