「がん」の記事一覧

まだまだ謎がいっぱい排便のメカニズムを知り、快便で大腸がん予防!

食べ物が大便として排出されるまでに約24時間~30時間かかるshutterstock.com 大腸がん予防のポイントとなる排便=お通じの仕組みについて説明してみる。 ヒトはパンのみに生きるにあらず――。しかし、食べなければ生きられないなら、賢く楽しく美味しく食べたい。…続きを読む

まだまだ謎がいっぱい排便のメカニズムを知り、快便で大腸がん予防!

"コスパ"に優れた手軽ながん予防! "笑い"がナチュラルキラー細胞を活発にする?

5月19日、国立がん研究センターの推計によると、国の「がん対策推進基本計画」が掲げた、がんによる死亡者減の目標達成が困難であることがわかった。 「がん対策推進基本計画」は2007年、2015年に20%減を目指す計画を立てた。しかし、医療は進歩を遂げているものの、がん予…続きを読む

モルヒネを投与されたら死期が近いはウソ!「モルヒネ大量使用で長生き」の研究結果

緩和ケアというと、どのようなイメージを持つだろうか。「ほかに治療手段がなくなった時に行うもの」「死を迎えつつある患者に行うケア」と思う人が多いかもしれない。 しかし、これは大きな誤解だ。緩和ケアは、がんに伴う身心の苦痛・つらさに対する積極的な治療であり、「がんと診断され…続きを読む

モルヒネを投与されたら死期が近いはウソ!「モルヒネ大量使用で長生き」の研究結果
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛