「性・生殖」の記事一覧

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から

「うまく子作りができない、セックスができない」という悩みを抱えた夫婦が増えている――。「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子供ができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。 前回は、結婚してからも1回もセックスできていない夫婦(未完成…続きを読む

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から

DHAで赤ちゃんの頭が良くなる?研究結果は賛否両論

「DHAを摂ると頭が良くなる!」という話はどこかで聞いたことがあるかもしれません。それって本当なのでしょうか? 赤ちゃんやお母さんはどのように摂取するのが一番良いのでしょうか? DHA(ドコサヘキサエン酸)は「ω3脂肪酸」の1つで、脳細胞や網膜の細胞をつくる大切な成分で…続きを読む

DHAで赤ちゃんの頭が良くなる?研究結果は賛否両論

膣のゆるみ=老化のせい? 「骨盤底筋」を鍛えると<膣が若返る>

ヒトの体は加齢とともに老いていき、皮膚の乾燥や臓器の機能の低下などの老化現象が現れてくる。これは生殖器も同じである。 ところが最近では、20代、30代にもかかわらず、「膣が乾燥」して固くなり、老化したような状態になっている女性が増えているという。骨盤底筋の「ゆるみ」…続きを読む

膣のゆるみ=老化のせい? 「骨盤底筋」を鍛えると<膣が若返る>
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波