「性・生殖」の記事一覧

膣に便がたまって便秘!? 女性の便秘の7割が「直腸瘤」の可能性

便秘の人の排便には、「強くイキまないと出ない」「排便後も便が残っている感じがする」「便意があるのに出ない」などいろいろ。中でも、成人女性が注意したいのが「便意があるのにイキんでも出ない」タイプだ。 イキんでも排便されないのは、肛門から出るべき便が膣の側にたまっていること…続きを読む

膣に便がたまって便秘!? 女性の便秘の7割が「直腸瘤」の可能性 

ドラマ『オトナ高校』が謳う教育改革〜性経験のない30歳以上の男女に英才教育!?

今回の衆議院議員選挙で多くの党が掲げた「教育改革」――。「教育の無償化」や「大学生の奨学金拡充」など、対象の幅や内容に微差はあるものの大差は感じられない安パイの公約ばかりだった。 そんな選挙戦の、まさに真っ只中(10月14日)に放映がスタートしたテレビ朝日系の土曜ナイト…続きを読む

ドラマ『オトナ高校』が謳う教育改革〜性経験のない30歳以上の男女に英才教育!?

台湾での卵子提供からの出産に日本人女性は177人  出産した女性は96人、出生児は110人 !

台湾政府は、生殖医療機関77施設を対象に対面・電話・電子メールによる「不妊治療に関する実態調査」を実施したところ、72施設から回答を得た(回収率94%)。その結果、台湾で卵子ドナーから卵子提供を受けた日本人女性は、2014~16年の3年間で少なくとも177人、出産した女性は…続きを読む

台湾での卵子提供からの出産に日本人女性は177人  出産した女性は96人、出生児は110人 !
トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆