特集「女性の膣を考える」

膣のゆるみ=老化のせい? 「骨盤底筋」を鍛えると<膣が若返る>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
膣のゆるみ=老化のせい? 「骨盤底筋」を鍛えると<膣が若返る>の画像1

骨盤底筋を鍛えれば「産後の膣のゆるみ(老化)」が改善できる(depositphotos.com)

 ヒトの体は加齢とともに老いていき、皮膚の乾燥や臓器の機能の低下などの老化現象が現れてくる。これは生殖器も同じである。

 ところが最近では、20代、30代にもかかわらず、「膣が乾燥」して固くなり、老化したような状態になっている女性が増えているという。

骨盤底筋の「ゆるみ」が膣の機能を低下させる

 女性の膣の老化の大きな原因としてあげられるのが「骨盤底筋群のゆるみ」だ。

 骨盤底筋群とは、骨盤内の膀胱や尿道、子宮、直腸を、骨盤の底でハンモックのように下から支えている筋肉の総称だ。肛門括約筋や尿道括約筋、尾骨筋などの複数の筋肉で構成されている。尿道、膣、肛門は、これら骨盤底筋群のあいだを通っている。

 膣は筋肉でできている。この筋肉は「平滑筋」のため、心臓や胃と同じように意識して動かすわけにはいかない。膣の収縮は、筋肉ではなく膣を取り巻く「骨盤底筋」の収縮で起きる。

 女性がセックスでオーガズムを得たときには、膣が収縮してピクピク痙攣する。ところが、骨盤底筋の機能が低下してくると膣の収縮が少なくなり、オーガズムを得にくくなる。つまり、骨盤底の筋肉量や機能が、オーガズムを左右するのだ。

 また、「咀嚼」をすれば唾液腺が刺激されて唾液が分泌されるように、膣周りの筋肉をよく動かすと「愛液」が出やすくなる。下半身の血行もよくなるので、肌質が改善されて、大陰唇や小陰唇などの外性器の黒ずみも改善してくる。

 正常分娩で出産した女性の膣は、どうしても<ゆるく>なる。出産した子どもが3500グラム以上あると、なおさら元に戻りにくい。

 だが、このような「産後の膣のゆるみ」も、膣を取り巻く筋肉を鍛えることで解決することができる。

自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛