特集「女性の膣を考える」

膣のゆるみ=老化のせい? 「骨盤底筋」を鍛えると<膣が若返る>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
膣のゆるみ=老化のせい? 「骨盤底筋」を鍛えると<膣が若返る>の画像1

骨盤底筋を鍛えれば「産後の膣のゆるみ(老化)」が改善できる(depositphotos.com)

 ヒトの体は加齢とともに老いていき、皮膚の乾燥や臓器の機能の低下などの老化現象が現れてくる。これは生殖器も同じである。

 ところが最近では、20代、30代にもかかわらず、「膣が乾燥」して固くなり、老化したような状態になっている女性が増えているという。

骨盤底筋の「ゆるみ」が膣の機能を低下させる

 女性の膣の老化の大きな原因としてあげられるのが「骨盤底筋群のゆるみ」だ。

 骨盤底筋群とは、骨盤内の膀胱や尿道、子宮、直腸を、骨盤の底でハンモックのように下から支えている筋肉の総称だ。肛門括約筋や尿道括約筋、尾骨筋などの複数の筋肉で構成されている。尿道、膣、肛門は、これら骨盤底筋群のあいだを通っている。

 膣は筋肉でできている。この筋肉は「平滑筋」のため、心臓や胃と同じように意識して動かすわけにはいかない。膣の収縮は、筋肉ではなく膣を取り巻く「骨盤底筋」の収縮で起きる。

 女性がセックスでオーガズムを得たときには、膣が収縮してピクピク痙攣する。ところが、骨盤底筋の機能が低下してくると膣の収縮が少なくなり、オーガズムを得にくくなる。つまり、骨盤底の筋肉量や機能が、オーガズムを左右するのだ。

 また、「咀嚼」をすれば唾液腺が刺激されて唾液が分泌されるように、膣周りの筋肉をよく動かすと「愛液」が出やすくなる。下半身の血行もよくなるので、肌質が改善されて、大陰唇や小陰唇などの外性器の黒ずみも改善してくる。

 正常分娩で出産した女性の膣は、どうしても<ゆるく>なる。出産した子どもが3500グラム以上あると、なおさら元に戻りにくい。

 だが、このような「産後の膣のゆるみ」も、膣を取り巻く筋肉を鍛えることで解決することができる。

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫