特集「女性の膣を考える」

膣のゆるみ=老化のせい? 「骨盤底筋」を鍛えると<膣が若返る>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
膣のゆるみ=老化のせい? 「骨盤底筋」を鍛えると<膣が若返る>の画像1

骨盤底筋を鍛えれば「産後の膣のゆるみ(老化)」が改善できる(depositphotos.com)

 ヒトの体は加齢とともに老いていき、皮膚の乾燥や臓器の機能の低下などの老化現象が現れてくる。これは生殖器も同じである。

 ところが最近では、20代、30代にもかかわらず、「膣が乾燥」して固くなり、老化したような状態になっている女性が増えているという。

骨盤底筋の「ゆるみ」が膣の機能を低下させる

 女性の膣の老化の大きな原因としてあげられるのが「骨盤底筋群のゆるみ」だ。

 骨盤底筋群とは、骨盤内の膀胱や尿道、子宮、直腸を、骨盤の底でハンモックのように下から支えている筋肉の総称だ。肛門括約筋や尿道括約筋、尾骨筋などの複数の筋肉で構成されている。尿道、膣、肛門は、これら骨盤底筋群のあいだを通っている。

 膣は筋肉でできている。この筋肉は「平滑筋」のため、心臓や胃と同じように意識して動かすわけにはいかない。膣の収縮は、筋肉ではなく膣を取り巻く「骨盤底筋」の収縮で起きる。

 女性がセックスでオーガズムを得たときには、膣が収縮してピクピク痙攣する。ところが、骨盤底筋の機能が低下してくると膣の収縮が少なくなり、オーガズムを得にくくなる。つまり、骨盤底の筋肉量や機能が、オーガズムを左右するのだ。

 また、「咀嚼」をすれば唾液腺が刺激されて唾液が分泌されるように、膣周りの筋肉をよく動かすと「愛液」が出やすくなる。下半身の血行もよくなるので、肌質が改善されて、大陰唇や小陰唇などの外性器の黒ずみも改善してくる。

 正常分娩で出産した女性の膣は、どうしても<ゆるく>なる。出産した子どもが3500グラム以上あると、なおさら元に戻りにくい。

 だが、このような「産後の膣のゆるみ」も、膣を取り巻く筋肉を鍛えることで解決することができる。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆