大気汚染は精子の質を低下させる!?PM2.5には精子損傷との関連性のある物質が

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大気汚染は精子の質を低下させる?「男性の肥満」も精子の数・濃度・運動率を低下させ不妊の原因にの画像1

大気汚染は精子の質を低下させる?(depositphotos.com)

 香港中文大学公衆衛生・一次医療学部のXiang Qian Lao氏らの研究チームは、「微小粒子状物質PM2.5への曝露が精子の形態異常をもたらし、精子の質が低下する」とする研究成果を『Occupational & Environmental Medicine』11月21日オンライン版に発表した。

 Lao氏らは、2001~2014年に検診を受けた15~49歳の台湾人男性6475人(平均年齢31.9歳)を対象に、精子の質(総数、形状、サイズ、運動率)、PM2.5への曝露レベル(居住地の3カ月単位・2年間の濃度)を分析・評価した。

 その結果、喫煙、飲酒、年齢、体重などの影響を考慮しても、PM2.5への曝露と精子の形態異常との間に関連が認められた。さらに、2年間平均のPM2.5濃度が5μg/m3増えるごとに正常な形態の精子が1.29%減少し、正常な形態の精子の割合が下位10%になるリスクが26%増大した。PM2.5への曝露は精子濃度の上昇に関連することも分かった。

 Lao氏は「身体が精子の質の低下を克服しようとする代償的な反応ではないか」と説明する。

PM2.5には精子損傷との関連が認められている物質が含まれている

 大気汚染が精子に影響を及ぼす正確な機序は明らかではない。だが、PM2.5には精子損傷との関連が認められている重金属や多環芳香族炭化水素類などの物質が含まれている。

 Lao氏は「PM2.5による大気汚染は世界に広がっているため、多くの男性が影響を受けている可能性がある。精子の質を改善するためにも世界的な大気汚染への対策が求められる」と主張する。

 米レノックス・ヒル病院のTomer Singer氏によると「数十年前から精子の濃度および運動率の低下や形態異常の増加が認められていたが、原因を突き止めるのが困難だった」という。

 米ノースウェルヘルスのManish Vira氏は「この研究は大気汚染と精子の異常との関連を裏付ける強いエビデンスとなる。ただし、このような影響がみられるのは大気が極度に汚染された地域に限定されると考えられる」と発言する。

 さらに、Lao氏は「大気汚染は精子の形状およびサイズの異常と有意に関連していた。したがって、大気汚染は相当数のカップルに不妊をもたらしている可能性がある」と指摘。ただし、「この研究は観察研究であるため、大気汚染が原因で精子の質が低下するという因果関係を示したものではない」と強調している。

トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆