「腸間膜」は「臓器」だった!解剖学の定説を塗り替える新発見!しかし、その役割や働きは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
27581677.jpg

腸間膜は他の臓器とつながった「臓器」だった(shutterstock.com)

 腸間膜(ちょうかんまく)。聞き慣れない言葉かもしれない。昨年(2016年)末、この腸間膜について、医学界の定説を覆す、画期的な研究論文が発表されたという――。しかし、腸間膜はどこに、何のためにあって、どんな働きがあるのだろう?

 腸間膜(メッセンテリー: Mesentery)は、解剖学では消化管についている膜全体を指すが、狭義では小腸(空腸と回腸)を腹部の後方から支える二重層の腹膜(小腸間膜)を指す。つまり、腹部の消化管のうち、腹腔の背中側の壁(後腹壁)にくっついていない部分を後腹壁につなぎ止めている膜だ。

 言い換えれば、「腸管と後腹膜の間に張られた腹膜のひだ」、あるいは「空腸や回腸などの腸管を包み」、「後腹膜からつ吊り下がった腹膜のひだ」、それが腸間膜だ。二重の腹膜が癒着しているため、膜は薄いが強靭で、扇状に広がって長い腸を支える構造になっている。そのため、血管、リンパ管、神経と消化管をつなぐ幹線路となり、内臓脂肪が蓄積する場所でもある。

 したがって、腸間膜がある消化管は、胃、十二指腸以外の小腸(空腸、回腸)、大腸の一部(虫垂、横行結腸、S状結腸)ということになる。小腸の壁にあるのが「小腸間膜」、結腸の壁にあるのが「結腸間膜」だ。十二指腸、上行結腸、下行結腸は、後腹壁にくっついているので、腸間膜はない。

 働きは、まだ判然としないが、それもそのはず、「腸間膜は臓器ではない」と考えられて来たことから、そのメカニズムや働きが詳しく解明されてこなかったからだ。臓器は、体内の胸腔や腹腔にある器官、つまり、肺や心臓などの内臓や大血管などを指す。臓器が特定の形態や機能をもつなら、腸間膜の持つ役割は決して小さくないはずだ。

腸間膜は他の臓器と分離した構造ではなく、他の臓器と連続した構造をもつ臓器

 早い話、数百年間もの長い時間、腸間膜は消化器系の臓器と分離した構造をもつ部分だと軽視され、解剖学的にも病理学的にも何ら探求もされず、忘れられてきた存在だった。

 しかし、腸間膜に新たな光を投げかける先駆的な研究が始まっている――。

 2012年に、メリック大学病院のJ Calvin Coffey氏らの研究チームは、腸間膜が他の臓器と分離した構造ではなく、他の臓器と連続した構造をもつ事実を発見。 その後4年間にわたって、研究チームは、腸間膜が臓器の1つであるエビデンスを蓄積し、2016年末に論文を発表した(Irish surgeon identifies emerging area of medical science | University of Limerick - Research「Gigazine」2017年1月4日付)

 Coffey氏によれば、「腸間膜は解剖学がずっと信じていた断片化された組織ではなく、1つの連続的な構造である事実が明確になった」と語っている。この発表を受けて、医学界で最も権威のある解剖学書とされる『グレイの解剖学』は、腸間膜に関する記述を早くも改訂・修正している。

 腸間膜が新たに臓器として分類されても、人体の構造に変化はない。しかし、腸間膜が多くの腹部の疾患に関わる可能性があるため、新たな研究が進展すれば、病因の機序の解明に繋がる見込みが強い。

 腸間膜が持つ臓器としての役割はまだ明確ではないが、研究チームは腸間膜の持つ機能研究に取り組み、何が腸間膜の異変なのかを突き止め、あらたな治療への道を探るという。興味が尽きない。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆