特集「女性の膣を考える」

「閉経したらオンナでなくなる……」は少数派~世界のセックス事情は「老いてなお盛ん」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「閉経したらオンナでなくなる……」は少数派~世界のセックス事情は「老いてなお盛ん」の画像1

アメリカでは老いてからも「性生活」を楽しんでいる(depositphotos.com)

 2007年8月、『The New England Journal of Medicine』に発表された米シカゴ大学の研究結果によると、57歳以上のアメリカの男女は「性生活」を楽しんでいるようだ。「過去1年間に最低1回は性生活を楽しんだことがある」と述べている割合は以下のとおりである。

○57~64歳:73%
○64~75歳:53%
○75~85歳:26%

 生殖器をまったく使わなければ、機能が急速に失われる。しかし、継続して使い続ければ80代になっても十分に機能すると、この調査結果で分析されていた。

 「セックス離れが進んでいる」と指摘されている日本とは大きな違いではないか。日本から遠く離れたイギリスのBBCが、日本の若者のセックス離れをテーマにした「Sexless in Japan」という動画を、2017年7月に公開した。世界的に見て、日本人の<セックス離れ>は珍しい現象なのかもしれない。

 どうして日本ではセックス離れが進むのか? 今回は中高年層に絞って、文化的な側面から考えてみたい。

米国では57~64歳の男女約7割が<現役>

 医師や看護師で構成される日本性科学会が行った「中高年セクシュアリティ調査」によれば、セックスレスが増えていることがわかる。

 この調査は2011年1月から2012年12月にかけて行われ、調査対象は関東在住の40~79歳の男女(平均年齢は男性が59.5歳、女性が57.2歳)。有効回答者数は1162人で、配偶者のいる男性が404人で女性が459人、単身の男性が92人で女性が207人だった。

 配偶者のいる男女の挿入を伴う性交渉の頻度については、「この1年間まったくない」と答えたのは、「男性52%」で「女性54%」だった。2000年調査時の「男性25%」「女性23%」から倍増している。

 アメリカでは「57~64歳の男女の73%」には性交渉があるのに対し、日本はあまりにも割合が低いのではないだろうか。「肥満大国」と呼ばれるアメリカの中高年と比べて、日本人は健康度が高いはず。セックスレスが体の機能面によるものでないとしたら、文化的な要素が関係していると考えられる。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆