「性・生殖」の記事一覧

お腹の赤ちゃんを守る! 義務化されていなくても妊婦がシートベルトを着用すべき根拠とは?

自動車を運転する人はもちろんのこと、助手席や後部座席に乗る人は、シートベルトを締めなければならない――。今やこれは常識であり、道路交通法にも規定されている。 自動車の衝突事故が起きた時、運転手や助手席乗員は、体が前に投げ出されて、ハンドル、フロントガラス、ダッシュボード…続きを読む

お腹の赤ちゃんを守る! 義務化されていなくても妊婦がシートベルトを着用すべき根拠とは?

がんの発症率が高まる? 更年期障害の「ホルモン補充療法」に対する誤解

女性が妊娠・出産に適した時期を過ぎるとやってくる更年期。更年期は閉経の前後10年間くらいの期間を指すため、平均的には45~55歳だが、人によって個人差が大きい。この時期に起こるさまざまな不快な症状が「更年期障害」だ。ほてりやのぼせ、発汗などがよく知られているが、ほかにも手足…続きを読む

がんの発症率が高まる? 更年期障害の「ホルモン補充療法」に対する誤解

勃起不全(ED)は日本人男性の3人に1人! あの戦国武将も愛用した「バイアグラ」の正体とは?

天下取りを支えた!? バイアグラの正体。 近年、若年層でもED(勃起不全)を発症するケースが増加してきている。その原因として、ジャンクフードの大量摂取、ストレス社会など、さまざまな要因が取り上げられているが、実態は解明されていない。おまけに年を重ねれば、個人差はあるが、体…続きを読む

勃起不全(ED)は日本人男性の3人に1人! あの戦国武将も愛用した「バイアグラ」の正体とは?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆