「性・生殖」の記事一覧

日本人はセックス依存症!? なぜセックスが病理として扱われてしまうのか?

「セックス依存症」と聞くと、どのようなイメージを持つだろうか? セックスは、人生にとって極めて大事なもので種の存続にも欠かせない。にも関わらず、時に常軌を逸した欲求に捕われると、生活を破綻させる原因にもなる――。 本来素晴らしいものであるはずのセックスが、なぜ病理として…続きを読む

日本人はセックス依存症!? なぜセックスが病理として扱われてしまうのか?

セックスレスの増加は脳内物質のアンバランスが原因なのか?

セックスレス夫婦が45%!――。センセーショナルなニュースにドキッとした人もいたはず。日本家族計画協会が2014年9月に全国の男女614人(16~49歳)を対象に行った調査では、1カ月以上性交渉のない夫婦は44.6%。2012年に比べて3.3ポイント増加したという。 …続きを読む

セックスレスの増加は脳内物質のアンバランスが原因なのか? 

ネット通販で入手可能な「ED治療薬」の半分以上がニセモノ!男性を襲った「謎の痛み」とは?

下半身に元気がないが、何とか性行為を完遂したい。中高年にとってインポテンスは切実な問題。ED(勃起障害・勃起不全)治療薬という切り札があるのは心強いが、巷には依然として大量のニセ薬が出回っているのが実状だ。「偽物でも効果があれば構わないではないか」などと安易に考えて飛びつく…続きを読む

ネット通販で入手可能な「ED治療薬」の半分以上がニセモノ!男性を襲った「謎の痛み」とは?
幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行