「性・生殖」の記事一覧

“ゲス不倫”で議員辞職の宮崎謙介は「セックス依存症」!? 自爆で「育休取得」の後退に貢献?

2月12日、国会議員の「育休取得」を提言しておきながら、妻の出産入院中にタレント女性と不倫をしていたことが報じられ、衆議院議員の辞職の意向を表明した宮崎謙介氏の会見が、各局で放映された。 「男性が育児参加する入り口として効果的なのが、育児休業だと思います。世の中がこのこ…続きを読む

“ゲス不倫”で議員辞職の宮崎謙介は「セックス依存症」!? 自爆で「育休取得」の後退に貢献?

「カンガルーケア」は危険? 低出生体重児には有効性ありの研究結果

新しい命の誕生とは感動的なもの。医療が発達した現代でも、出産は母子ともに命がけであることは変わらない。だからこそ、わが子と初めて対面したときの喜びはひとしおだろう。 近年、出産後すぐに赤ちゃんを母親の胸の上に抱っこさせ、肌を合わせて話しかけたり授乳したりする「カンガル…続きを読む

「カンガルーケア」は危険? 低出生体重児には有効性ありの研究結果

女性の体を支えるエストロゲン。その減少で引き起こされる「更年期高血圧」とは?

卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンは、女性のからだを若々しく保つために働いているホルモンだ。その作用は身体のすみずみに及んでいるため、エストロゲンの急激な減少は、美容と健康の両面で女性のからだにドラスティックな変化を与える。 エストロゲンが減少すると、美容…続きを読む

女性の体を支えるエストロゲン。その減少で引き起こされる「更年期高血圧」とは?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆