「性・生殖」の記事一覧

EDになりたくなければ禁煙すべし!? ED治療に禁煙は不可欠!

かつて雑誌『サンデー毎日』に「タバコでインポになる」と題した記事が掲載された――。 記事は米国疾病対策センター(CDC)が発表した学術論文に基づくもので、31歳から49歳までの壮年期男性を対象とした調査の結果、1年間以上にわたって性交に十分な勃起が得られない状態を訴えた…続きを読む

EDになりたくなければ禁煙すべし!? ED治療に禁煙は不可欠!

妊娠中は赤ちゃんの遺伝子機能を調整する葉酸、ビタミンB群、ビタミンDを積極的に摂ろう

「小さく産んで、大きく育てる」と生活習慣病を発症するリスクが高くなる――。福岡秀興教授(早稲田大学総合研究機構研究院)が唱える「成人病(生活習慣病)胎児期発症説(DOHaD説)」。母親の妊娠前、妊娠中の栄養状態、そして新生児の食生活が、子どもの一生の体質に大きな影響を及ぼすと…続きを読む

妊娠中は赤ちゃんの遺伝子機能を調整する葉酸、ビタミンB群、ビタミンDを積極的に摂ろう

"ハゲ"が前立腺がんの死亡リスクを高める? 男性ホルモンが影響している可能性

日本では何かと否定的に捉えられがちだが、欧米ではセクシーとみなされることもあるという"ハゲ"。その主な原因は男性型脱毛症だ。近年では、この男性型脱毛症と前立腺がんリスクの関連性に関する研究が行われている。 2015年4月、男性型脱毛症と前立腺がんの死亡リスク増加の関連性…続きを読む

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波