インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第1回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

妊活カップルを悩ます「射精障害」 中で出せない「膣内射精障害」が急増

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妊活カップルを悩ます「射精障害」〜中で出せない「膣内射精障害」が急増中の画像1

ポルノ動画が「射精障害」を悪化させる!?(depositphotos.com)

 2017年に日本で生まれた日本人の子どもは、94万1000人。2年連続の100万人割れで、統計を始めた1899年以降で最少となった。人口減少は11年連続となっており、日本は本格的な人口減少時代に突入している。

 「非婚化」「晩婚化」と並び、結婚した夫婦の間に子どもができなくなっていることも、人口減少の一因であることは論をまたない。

 獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。そして、かなりの夫婦が「うまく子作りができない、セックスができない」という悩みを抱えているのだ。

 なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。なかなか人には相談できない「男性機能が原因の不妊」について、岡田弘教授に訊いた。

バーチャルなポルノ動画が「射精障害」を悪化

 岡田教授によると、近年の「膣内射精障害」の増加に拍車をかけているのが、従来のビデオやDVDからネットに移行した膨大なポルノ動画コンテンツだという。ネット環境が整備と発達によって、これらの動画に常時アクセスすることが容易になった。

 「いま氾濫しているポルノ動画は、近親相姦やアナルセックスなど、アブノーマルな世界が当たり前のように描かれている。『もしそうなったら……』という男性の妄想によるバーチャルな世界で、現実からかけ離れたものです」

 「こういう刺激的なものを見続ければ、普通のセックスで快感が得られなくなる。現実の女性はAVのような刺激的なセックスをしてくれるわけじゃないから、ある意味当然です」

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆