インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第1回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

妊活カップルを悩ます「射精障害」 中で出せない「膣内射精障害」が急増

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妊活カップルを悩ます「射精障害」〜中で出せない「膣内射精障害」が急増中の画像1

ポルノ動画が「射精障害」を悪化させる!?(depositphotos.com)

 2017年に日本で生まれた日本人の子どもは、94万1000人。2年連続の100万人割れで、統計を始めた1899年以降で最少となった。人口減少は11年連続となっており、日本は本格的な人口減少時代に突入している。

 「非婚化」「晩婚化」と並び、結婚した夫婦の間に子どもができなくなっていることも、人口減少の一因であることは論をまたない。

 獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。そして、かなりの夫婦が「うまく子作りができない、セックスができない」という悩みを抱えているのだ。

 なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。なかなか人には相談できない「男性機能が原因の不妊」について、岡田弘教授に訊いた。

バーチャルなポルノ動画が「射精障害」を悪化

 岡田教授によると、近年の「膣内射精障害」の増加に拍車をかけているのが、従来のビデオやDVDからネットに移行した膨大なポルノ動画コンテンツだという。ネット環境が整備と発達によって、これらの動画に常時アクセスすることが容易になった。

 「いま氾濫しているポルノ動画は、近親相姦やアナルセックスなど、アブノーマルな世界が当たり前のように描かれている。『もしそうなったら……』という男性の妄想によるバーチャルな世界で、現実からかけ離れたものです」

 「こういう刺激的なものを見続ければ、普通のセックスで快感が得られなくなる。現実の女性はAVのような刺激的なセックスをしてくれるわけじゃないから、ある意味当然です」

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子