特集「女性の膣を考える」

3人に1人がオーガズム未経験~「セックスの悩み」を相談できない女性が増加

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3人に1人がオーガズム未経験~「セックスの悩み」を相談できない女性が増える理由の画像1

女性の3人に1人はオーガズムを感じたことがない(depositphotos.com)

 日本では古来より男女の営みは「秘め事」とされてきた。そのため、現代でも「人前で話すべきことではない」という意識が強く、特に女性は、同性間でもセックスや女性器について語ることを避ける傾向にある。

 ところが、その結果、女性たちのあいだに「誰にも悩みを相談できない『セックス難民』」を生んでいる――という。

女性の3人に1人はオーガズムを感じたことがない

 セックスにおいて、男性器のピストン運動などで起きる「性交痛」、男性器を膣に入れられない……誰にも話せない悩みを抱える女性は少なくない。ほかにも、女性器に関する不具合がなくても、セックスでオーガズムを感じない女性も多い。

 コンドームメーカー「JEX」の2016年調査報告によると、20歳〜69歳を対象に行った調査で、女性2516人のうち35.7%が<まったくオーガズムを感じない>という結果が出ている。

 世代別に見ると、20代では46.6%、30代では36.9%が<オーガズムを感じたことがない>という結果だ。これは、全体では<3人に1人>、20代では<ほぼ2人に1人>ということになる。

 女性がオーガズムを得るには、膣とその周辺が充分にうるおうことと、快感スポットへの心地よい刺激が必要だが、それを知らない女性も多い。また、心理的なおびえ、罪悪感、恥ずかしさなどのメンタル的な要因で膣がうるおわないこともある。

 じつは、性交痛や男性器を膣に入れられない原因の中で、いちばん多いといわれているのがメンタル面での影響だ。医療従事者の中には、このような女性に対する改善策のひとつとして、マスターベーションをすすめるケースが増えている。

外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真