特集「女性の膣を考える」

3人に1人がオーガズム未経験~「セックスの悩み」を相談できない女性が増加

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3人に1人がオーガズム未経験~「セックスの悩み」を相談できない女性が増える理由の画像1

女性の3人に1人はオーガズムを感じたことがない(depositphotos.com)

 日本では古来より男女の営みは「秘め事」とされてきた。そのため、現代でも「人前で話すべきことではない」という意識が強く、特に女性は、同性間でもセックスや女性器について語ることを避ける傾向にある。

 ところが、その結果、女性たちのあいだに「誰にも悩みを相談できない『セックス難民』」を生んでいる――という。

女性の3人に1人はオーガズムを感じたことがない

 セックスにおいて、男性器のピストン運動などで起きる「性交痛」、男性器を膣に入れられない……誰にも話せない悩みを抱える女性は少なくない。ほかにも、女性器に関する不具合がなくても、セックスでオーガズムを感じない女性も多い。

 コンドームメーカー「JEX」の2016年調査報告によると、20歳〜69歳を対象に行った調査で、女性2516人のうち35.7%が<まったくオーガズムを感じない>という結果が出ている。

 世代別に見ると、20代では46.6%、30代では36.9%が<オーガズムを感じたことがない>という結果だ。これは、全体では<3人に1人>、20代では<ほぼ2人に1人>ということになる。

 女性がオーガズムを得るには、膣とその周辺が充分にうるおうことと、快感スポットへの心地よい刺激が必要だが、それを知らない女性も多い。また、心理的なおびえ、罪悪感、恥ずかしさなどのメンタル的な要因で膣がうるおわないこともある。

 じつは、性交痛や男性器を膣に入れられない原因の中で、いちばん多いといわれているのがメンタル面での影響だ。医療従事者の中には、このような女性に対する改善策のひとつとして、マスターベーションをすすめるケースが増えている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆