特集「女性の膣を考える」

3人に1人がオーガズム未経験~「セックスの悩み」を相談できない女性が増加

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3人に1人がオーガズム未経験~「セックスの悩み」を相談できない女性が増える理由の画像1

女性の3人に1人はオーガズムを感じたことがない(depositphotos.com)

 日本では古来より男女の営みは「秘め事」とされてきた。そのため、現代でも「人前で話すべきことではない」という意識が強く、特に女性は、同性間でもセックスや女性器について語ることを避ける傾向にある。

 ところが、その結果、女性たちのあいだに「誰にも悩みを相談できない『セックス難民』」を生んでいる――という。

女性の3人に1人はオーガズムを感じたことがない

 セックスにおいて、男性器のピストン運動などで起きる「性交痛」、男性器を膣に入れられない……誰にも話せない悩みを抱える女性は少なくない。ほかにも、女性器に関する不具合がなくても、セックスでオーガズムを感じない女性も多い。

 コンドームメーカー「JEX」の2016年調査報告によると、20歳〜69歳を対象に行った調査で、女性2516人のうち35.7%が<まったくオーガズムを感じない>という結果が出ている。

 世代別に見ると、20代では46.6%、30代では36.9%が<オーガズムを感じたことがない>という結果だ。これは、全体では<3人に1人>、20代では<ほぼ2人に1人>ということになる。

 女性がオーガズムを得るには、膣とその周辺が充分にうるおうことと、快感スポットへの心地よい刺激が必要だが、それを知らない女性も多い。また、心理的なおびえ、罪悪感、恥ずかしさなどのメンタル的な要因で膣がうるおわないこともある。

 じつは、性交痛や男性器を膣に入れられない原因の中で、いちばん多いといわれているのがメンタル面での影響だ。医療従事者の中には、このような女性に対する改善策のひとつとして、マスターベーションをすすめるケースが増えている。

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫