「性・生殖」の記事一覧

乙武氏の不倫騒動で注目される「障害者の性」〜“ホワイトハンズ”の射精介助サービスをどう思う?

乙武洋匡氏の不倫騒動で注目が集まった「障害者の性」の問題。以前、当サイトでも触れたように、乙武氏と親交がある社会学者の古市憲寿氏は「『不倫相手』がしていたことは、愛情表現としての実質上の介護に近いものだった」というコメントしているが――。 そこで今回は、「障害者の性」に…続きを読む

乙武氏の不倫騒動で注目される「障害者の性」〜“ホワイトハンズ”の射精介助サービスをどう思う?

山口智子さんの「産まない選択」に励まされた女性たち〜一方で卵子の凍結保存を推進する時代?

人気女優の山口智子さん(51)が、女性誌『FRaU(フラウ)』2016年3月号のインタビューで「子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも一片の後悔もないです」と告白し、大きな反響を呼んだ。 山口さんは1995年に人気俳優の唐沢寿明さん(52)と結…続きを読む

山口智子さんの「産まない選択」に励まされた女性たち〜一方で卵子の凍結保存を推進する時代?

「人工的な避妊は罪」のカトリック社会をオギノ式避妊法で動かした荻野久作

避妊に対する伝統的なカトリックの考え方は、あらゆる人工的な方法を使うことは罪だというものだ。だが、教皇フランシスコは2月18日、蚊が媒介する「ジカ熱」が流行している地域では、避妊は正当化されるとコメントした。 流行地では、新生児に発達障害が必発である小頭症が異常に多発し…続きを読む

「人工的な避妊は罪」のカトリック社会をオギノ式避妊法で動かした荻野久作
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆