「性・生殖」の記事一覧

なぜ「産後うつ病」や「産後クライシス」が急増したのか?  妊産婦の7〜8人に1人がマタニティブルーに

妊娠・出産は、古今東西を問わず、女性とその家族にとって祝福すべき 大きなライフイベントだ。だが、「産後の肥立ちが悪い」というように、産後は、妊産婦ならではの心身の急変が起きるので、産後うつ病(PPD:Post-partum Depression)を発症しやすい。 産後う…続きを読む

なぜ「産後うつ病」や「産後クライシス」が急増したのか?  妊産婦の7〜8人に1人がマタニティブルーに 

蔓延する危険な「偽ED治療薬」にご用心! 日本のサイトで売買される薬の43.6%が偽造品

年を取っても勃起できるペニスを持つ! これは男にとっての究極の夢。だからこそ、勃起できないことを悩む男性が多かったり、精力剤やED(勃起障害)治療薬が次から次へと開発・発売されたりするわけだ。 男の夢の実現や悩みの解決に一役買うED治療薬。これらは信用できるのか?…続きを読む

蔓延する危険な「偽ED治療薬」にご用心! 日本のサイトで売買される薬の43.6%が偽造品

トレンディエンジェルのM-1優勝で、日本に新たなハゲ文化の夜明けが来る!

漫才日本一を決めるM-1で、「トレンディエンジェル」が優勝した。トレンディエンジェルは、斎藤司さんと、たかしさんの2人のコンビ。 斎藤司さんは、頭頂部に残ったすくない頭髪をボサボサに放置しており、あわせてノーネクタイの背広姿で、なげやりな会社員というスタイルでしゃべる。…続きを読む

トレンディエンジェルのM-1優勝で、日本に新たなハゲ文化の夜明けが来る!
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志