「性・生殖」の記事一覧

“表現の自由”の行方~改正児童ポルノ禁止法では子どもを守れない!?

漫画における児童の性的シーンは、「表現の自由」に含まれるか? 日本の漫画をめぐるそんな議論が、ついに国連関係者にまで持ち出された。 10月26日、国連の「子どもの売買、児童買春、児童ポルノ」に関する特別報告者のマオド・ド・ブーアブキッキオ氏が、1週間の日本視察を終え、都…続きを読む

 “表現の自由”の行方~改正児童ポルノ禁止法では子どもを守れない!?

大久保嘉人さんの妻が胞状奇胎、家族で治療を支えるために丸坊主に。

川崎フロンターレのFW大久保嘉人さんの妻が、胞状奇胎(ほうじょうきたい)という病気で闘病中だと自身のインスタグラムで公表した。抗がん剤の治療が必要となり、その副作用で脱毛の可能性があるため、3人の息子とともに、頭を丸刈りにした写真も投稿している。 いったい胞状奇胎とはど…続きを読む

大久保嘉人さんの妻が胞状奇胎、家族で治療を支えるために丸坊主に。

"妊活"している男性が取りたい食品とは? 不妊治療の成功にはこの肉を!

近年の晩婚化にともない、日本では不妊治療を受けるカップルが年々増加している。2013年に行われた体外受精は、36万8000件余り。10年前の3倍以上に増え、過去最多を更新している(日本産科婦人科学会のまとめ)。 一方、治療の結果に産まれた子どもの数は4万人余りと治療件…続きを読む

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇