「性・生殖」の記事一覧

働く女性の“4人に1人が流産”を経験〜安心して妊娠・出産ができる職場環境は遠い?

今年2月に「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログで炎上した待機児童問題にも見られるように、この国は先進国と言われながら依然として子育てと仕事の両立が困難なようだ。 特に「育児の主体は女性」という性別役割分業の考え方が根強い社会では、働く女性の負担は重い。 先日、そうし…続きを読む

働く女性の“4人に1人が流産”を経験〜安心して妊娠・出産ができる職場環境は遠い?

強制不妊手術が1996年まで合法だった日本!強制された障害者に救済・補償・謝罪を

3月12日付けの毎日新聞の報道によると、国連の女性差別撤廃委員会は「対日定期審査」の最終見解を発表した――。 最終見解では、旧優生保護法の下で「不良な子孫の出生防止」のために、約1万6500人もの障害者が本人の意思を無視した不妊手術を強制させられた事実を問題視し、その権…続きを読む

強制不妊手術が1996年まで合法だった日本!強制された障害者に救済・補償・謝罪を

44歳の女性が「凍結保存した自分の卵子」で出産! 晩婚化・晩産化で「卵活」に走る女性たち!

女性の晩婚化、晩産化が浸透するとともに、高齢出産への不安、卵子の老化による妊娠率の低下や不妊への懸念も強まっている。2016年2月2日付けの毎日新聞によれば、大阪府内の女性看護師(44)は、将来の出産に備えるために、数年前に凍結保存した自分の卵子を使って、昨夏に女児を出産…続きを読む

44歳の女性が「凍結保存した自分の卵子」で出産! 晩婚化・晩産化で「卵活」に走る女性たち!
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛