「性・生殖」の記事一覧

「痴漢」のピークは<朝8時半>! 東京で年に痴漢1800件~被害者9割が泣き寝入り

多くの女性が被害にあっている痴漢犯罪。加害者となる男性は、いったいなぜそのような行為に及んでいるのか? 1000件を超える性犯罪者の臨床データの蓄積をもとに、その真相にせまった痴漢の実態を明らかにした専門書『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)が、先日発売された。…続きを読む

「痴漢」のピークは<朝8時半>! 東京で年に痴漢1800件~被害者9割が泣き寝入り

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表…続きを読む

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円

ED治療薬「バイアグラ」は心臓にも効く? 心疾患「ステント治療」でも有効だと判明!

ED治療薬「バイアグラ」の意外な効果が判明した。 男性の勃起不全(ED)に対する効果があるとされる「シルデナフィル(商品名:バイアグラ)」が、虚血性心疾患に対する「ステント治療」でも有効である――。 ソウル大学病院(韓国)のHan-Mo Yang氏らの研究チームが、…続きを読む

ED治療薬「バイアグラ」は心臓にも効く? 心疾患「ステント治療」でも有効だと判明!
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛