インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めようの画像1

不妊治療のスタートはお互いの愛情の確認から(depositphotos.com)

 「うまく子作りができない、セックスができない」という悩みを抱えた夫婦が増えている――。「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子供ができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。

 前回は、結婚してからも1回もセックスできていない夫婦(未完成婚)の事例を紹介したが、それがすべてのケースではない。結婚前のつきあっているときには普通にセックスできていたのに、いざ結婚して子づくりするとなると、途端に勃起や射精ができなくなってしまうケースも多いという。

 今回も獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏に、その実態を聞いた。

セックスのシチュエーションを変えたらできた!

 「結婚前に避妊していたときはできていたのに、いざ奥さんと子どもを作りたいと思うとできなくなってしまう。それは、大きな責任とストレスがかかるからです。妻だけとはできない『妻だけED』という言葉もありますが、これは奥さんが大事な人だからできないのですね」

 「しかし奥さんとしては『自分に魅力を感じなくなったからできなくなったのだ』と思ってしまう。まずは、そうではないんだということを、よく夫婦で話し合うことが必要です」

 不妊治療を始めると、まずは排卵日に合わせてセックスするように指導されるが、これによって余計にできなくなってしまうことも多い。これを岡田教授は「排卵日うつ」と呼んでいる。

 「普通の男性は誰かに『やりなさい』と命令されてするセックスには慣れていないわけです。AV男優じゃないんだから、そんなに自由自在にセックスできないですよ」

 「排卵日が近づくと奥さんが『がんばろうね』とメールを送ってきたり、精力がつきそうなものを食卓に並べたりする。すると大きなストレスがかかって、ますますできなくなってしまったりします。本当はお互いのことを思いやっているいい夫婦なのに、これでは可哀想ですね」

 なかには「セックスのシチュエーションを変えてみたらできた」というケースもある。

 「ラブホでないとできないとか、ベッドではなくソファがいいとか、お風呂場がいい……男性のなかには、いろいろな人がいます。家ではできないけど、旅行に行ったら、その先でできたりする」

 「もし、ご主人がセーラー服姿で欲情するのなら、奥さんが着てみせてもいい。夫婦でやる分には何も公序良俗に反していないのですから、ぜひ試してみる価値はあります」

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛