DHAで赤ちゃんの頭が良くなる?研究結果は賛否両論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DHAで赤ちゃんの頭が良くなる? 研究結果は賛否両論でも脳の発育に良い影響を与えることは事実の画像1

DHAを摂ると頭が良くなる?(depositphotos.com)

 「DHAを摂ると頭が良くなる!」という話はどこかで聞いたことがあるかもしれません。それって本当なのでしょうか? 赤ちゃんやお母さんはどのように摂取するのが一番良いのでしょうか?

 DHA(ドコサヘキサエン酸)は「ω3脂肪酸」の1つで、脳細胞や網膜の細胞をつくる大切な成分です。 DHAは体の中で「αリノレン酸」から合成されますが、αリノレン酸は体内合成ができない脂肪酸で、食事から摂るしかありません。エゴマ油や亜麻仁油、くるみなどに多く含まれており、最近はスーパーでもこういった油を見かけるようになりました。DHAについても、体内合成だけで脳の成長をまかなえるのかはわかっておらず、食事からも摂取することが必要と考えられています。DHAを摂取できる食品は、魚などの海産物です。

脳のシナプス膜の35%がDHA

 赤ちゃんの脳は胎児期、特にお母さんの妊娠後期から生後1年までの間にかけて、特に急激に発達します。正期産で産まれた赤ちゃんの脳は平均で350gと言われていますが、それが6か月までに約660gになり、1歳までに約950gになります。

 脳細胞で情報を伝えるシナプスの数は急激に増加し、最大で1秒間に4万個も作られると言われていますが(註1)、このシナプス膜の35%がDHAでできているのです(註2)。赤ちゃんはお母さんのお腹にいる妊娠後期からDHAを体に貯め込むため(註3)、特に早産の子はDHAが不足しやすい傾向にあります。

 では、DHAをたくさん摂れば実際に「頭が良くなる」のでしょうか?

妊婦を対象にした研究では「効果あり/効果なし」、両方の結果が

 2007年にアメリカとイギリスの研究者が「Lancet」誌に発表した論文では、イギリスのブリストル周辺に住み、1991~1992年の間に出産予定だった11875人の妊婦さんのデータを解析しています。研究対象者の98%以上は白人です。妊婦さんに1週間でどのくらいの量の魚を食べているか聞き、産まれた子どもの認知機能を調べました。

 その結果、週に340g以下しか魚を食べていないグループでは、8歳時点での言語性IQが低かったり、行動問題のスクリーニングテストの点数が悪かったりする子が多いことがわかりました(註4)。

 しかし、2017年にオーストラリアの研究者がJAMA誌に発表した論文では、違う結果になりました。2005年〜2008年にオーストラリアの5つの産院に通っていた2399人の妊婦さんを2つのグループに分け、DHA800mgとEPA100mgの入ったカプセル、またはプラセボのカプセルを妊娠22週から出産まで飲んでもらいました。

 そして、産まれた子の18か月、4歳、7歳時点での発達やIQを調べましたが、2つのグループで差は認められなかったのです。

 魚やDHAの効果を検証した論文は他にもたくさんあり、「効果があった」という結果のものもあれば、「効果がなかった」という結果のものもあります。少数ですが「逆効果だった」という論文もあります。

 それらの結果を合わせて考えると、魚を摂取することは、たとえわずかであっても、赤ちゃんの発達に良い影響を与えるようです。もともとどのくらいのDHAを摂取していたかによって、効果の有無が変わってくる可能性があり、少なくともDHAが不足しないようにすることはとても重要です。

 また、DHAのサプリメントが必ずしも同じような効果を発揮するわけではないようです。魚に含まれるタンパク質やビタミン、セレンなどが良い影響を与えている可能性もあります。

脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社p3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆