日本初?男性のオナニー実態調査 1週間の頻度は全国平均2.94回

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本初?男性のオナニー実態調査 1週間の頻度は全国平均2.94回の画像1

1週間の頻度は全国平均 2.94回(depositphotos.com)

 オナニーに及ぶ男性の生態を浮き彫りにした「オナニー国勢調査 全国男性自慰行為調査2017」(TENGA HEALTHCARE CONTENTS)が行われた。早速、その結果を覗いてみよう。

 発表によると、今回のインターネットによるアンケート調査は、楽天リサーチ株式会社が2017年9月25日~28日にわたって実施したもの。調査対象は、現在マスターベーションを行う頻度が「2, 3ヵ月に1回程度」以上の15歳-64歳の男性2,000人を、15歳から5歳刻みで10グループ各200名に分けて調査した。
 
 まず、「1週間のマスターベーション回数」は、全国平均 2.94回。「都道府県別マスターベーション頻度」は、神奈川県が全国1位の3.77回。兵庫県3.65回、静岡県3.45回と続く。最下位は徳島県の 1.95回だった。

マスターベーション時に見るものNO.1は、実写アダルト動画!

 マスターベーションの姿勢は、「椅子に座る」が33.6%、「仰向け」が27.9%、「横寝」が12.1%、「あぐら」が11.5%、「うつ伏せ」が4.4%、「立った状態」が4.3%、「膝立ち」が2.9%、「正座」が2.6%、「四つん這い」が0.4%……。

 実に多様なマスターベーションの姿勢があることは驚きだ。

 マスターベーション時に見るものランキングは、「実写アダルト動画(無料)」が9.5%、「実写アダルト動画(有料)」が17.7%、「妄想のみ」が13.1%、「アダルトマンガ」が9.9%、「アダルトアニメ(無料)」が9.9%、「グラビア写真」が7.0%、「アダルト雑誌」が6.0%、「何もオカズにせずただ刺激する」が2.6%、「官能小説」が2.1%、「テレビ番組」が1.4%、「アダルトアニメ(有料)」が1.1%、「音声のみで行う」が0.8%……。

 年代別では、20~30代が「実写アダルト動画(有料)」で24.8%、10代が「アダルトマンガ」で27.5%だった。

 マスターベーションで使うインターフェースは、30代を境に若年層が「スマホ」、高齢になるほど「PC」という傾向だった。今後は、バーチャルリアリティ(VR)などが進歩すれば、マスターベーションスタイルが大きく変化しそうだ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真