「性・生殖」の記事一覧

"ヒモ"男性ほど浮気する!? 経済的な依存度の高いパートナーほど浮気リスクがアップ?

配偶者への経済的な依存度が高いほど、パートナーを裏切る可能性が高い――。米コネチカット大学社会学助教授のChristin Munsch氏らによる、このような研究成果が、『American Sociological Review』(6月号)に論文として掲載された。 Mu…続きを読む

なぜ人はキスをするのか? 実はあまりにも残念な"キスの目的"

最近、若者の間で恋人とのキスを写真や動画で公開するのが流行っているらしい。ところがキスという行為には、ロマンチックな思いからはほど遠い、打算的な理由がある。キス10秒で8000万個のバクテリアを交換する!? キスを求めたくなる理由の有力な説は、「自分の子孫を残す…続きを読む

なぜ人はキスをするのか? 実はあまりにも残念な

少子化なのに双子や三つ子の割合が増加! 急がれる子育てサポートの整備

ご長寿姉妹で一世を風靡した「きんさん・ぎんさん」を始め、おすぎとピーコ、マナカナ、スポーツ選手では荻原健司・次晴兄弟――。 双子の有名人はすぐに頭に浮かぶが、身近な知り合いとなると、どうだろうか? 双子ゆえに注目されやすくて人気者になるからなのか、一般的には双子はやはり…続きを読む

少子化なのに双子や三つ子の割合が増加! 急がれる子育てサポートの整備
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛