「研究・調査」の記事一覧

【閲覧注意】胎盤を食べると産後うつ予防、母乳分泌促進になる? 危険な「胎盤食」の真実

米ワイル・コーネル・メディスン産婦人科のAmos Grünebaum氏らの研究チームは、出産直後に自分の胎盤を食べる「胎盤食(placentophagy)」に、感染症などのリスクが強いとする研究成果を『American Journal of Obstetrics and G…続きを読む

【閲覧注意】胎盤を食べると産後うつ予防、母乳分泌促進になる? 危険な「胎盤食」の真実

手術中に10秒でがんを検出できる最新型のペン型診断装置を開発

術中にがんが疑われる組織に当てるだけで、わずか10秒ほどでがんかどうかを特定できるペン型の装置を米テキサス大学の研究グループが開発した。 同グループは「将来この装置が実用化されれば、手術でがん組織の取り残しを回避できるだけでなく、組織検体を病理検査室に送る必要がなくなる…続きを読む

手術中に10秒でがんを検出できる最新型のペン型診断装置を開発

早期がんの場合、代替療法のみで治療するがん患者は生存率が低い

最初に発生した原発部位から広がっていなく限られた狭い範囲にのみある<限局性のがん>に対し、代替療法のみで治療することを選択した患者では、死亡リスクが高まる可能性のあることが新たな研究で報告された。 研究の筆頭著者である米イェール大学医学大学院、イェールがんセンターのSk…続きを読む

早期がんの場合、代替療法のみで治療するがん患者は生存率が低い
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇