エイズは発症を抑え込む時代から感染しない時代へ 抗体併用法~サルで100%の予防効果

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エイズは発症を抑え込む時代から感染しない時代へ 抗体併用法~サルで100%の予防効果の画像1

HIVに感染しない方法を開発!?(depositphotos.com)

 2015年のデータでは、世界中では約3,670万のHIV感染者/AIDS患者がおり、年間約210万人の新規感染者、約120万人の死者が出ていると推定されている(UNAIDS Fact Sheet 2016)。

 2016年の日本での新規HIV感染者1,003人、新規エイズ患者437人で合計1,440人(厚生労働省エイズ動向委員会)、ここ数年数値的には横ばい状態だが、高い数字での横ばい状態だ。国際的に見ても東アジアは最も新規感染増加の勢いが強い地域となっている。

感染しても発症しない時代から感染しない時代へ

 1997年に複数の薬を組み合わせる「多剤併用療法」が導入されてからは、HIVウイルスの増殖やエイズの発症はほぼ抑えられるようになった。次は感染予防をどうするかというステージに入ってきたのだ。今後、HIVの感染拡大を阻止するには複数の抗体を併用する戦略が鍵となりそうだ。

 紹介する2件の新たな研究では、手法は異なるが複数の抗体を組み合わせてサルに注射した結果、HIV感染を完全に予防できることが示された。これらの抗体は定期的に注射する必要があるが、より長期の予防効果を得ることができる抗体の開発も進められているという。

 HIV感染者に対する抗レトロウイルス療法では、単剤ではなく2~3種類の抗レトロウイルス薬が使用される。その理由は、単剤治療ではウイルスがすぐに耐性を獲得してしまうからだ。米エイズ研究財団(amfAR)のRowena Johnston氏によると、今回の研究は、この考えを抗体にも応用したものだという。これまでのHIVワクチンの研究でも1種類の抗体だけで完全に感染を予防できたことはなかった。

 また、今回報告された2件の研究では、弱毒化させた病原体を接種して自然に免疫を獲得するのではなく、単純に抗体を投与することで免疫を獲得する「受動免疫」の仕組みを利用した。さらに、ウイルスに結合して標的細胞への侵入を阻止する中和抗体の中でも、さまざまな種類のHIV株を中和できる広域中和抗体に着目した点も、これらの研究に共通している。

トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆