「研究・調査」の記事一覧

ベッキーの不倫騒動で浮上~なぜ、成功者はパートナーの“グレードアップ”に走るのか?

新年早々、芸能界を震撼させた、優等生女優・ベッキーさんとバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんの不倫報道。 1月下旬に収束を見せるかと思いきや、同28日発売の『週刊文春』に新情報が掲載。2人が励まし合うときの合い言葉「レッツ・ポジティブ」がネット上であっという間にト…続きを読む

ベッキーの不倫騒動で浮上~なぜ、成功者はパートナーの“グレードアップ”に走るのか?

恐怖“デジタル・デッドウォーカー”~当人は「歩きスマホ」「ながら歩き」に無自覚!?

メールをしたり、話したりしながら歩くのは、とても危険な習慣だ。特にスマートフォンや携帯電話の操作を行いながらの「歩きスマホ」は、夢中になるあまり注意力が低下し、ケガやトラブル、事故を招く。 当サイトでも、その危険性については警鐘を鳴らしてきた。「『ボイスコマンド』で…続きを読む

恐怖“デジタル・デッドウォーカー”~当人は「歩きスマホ」「ながら歩き」に無自覚!?

クルマの騒音が寿命を縮める! 高齢者の脳卒中リスクは9%も上昇

テレビや新聞で時々見かける、住民同士の騒音トラブル。「世知辛い世の中になったなぁ」と思う半面、街の賑やかさには割と無頓着な人が多いのではないだろうか。 そう、静かな環境を求めて居住する人にとっては小さな雑音も耳障りだが、便利さ優先で都会に住む人にとっては、絶え間ない交通…続きを読む

クルマの騒音が寿命を縮める! 高齢者の脳卒中リスクは9%も上昇
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘