「研究・調査」の記事一覧

自宅で人間ドックが受けられる「おうちでドック」はがん検診の低受診率を変えられるか?

「ハウンドドック! ほっとドック! おうちでドック!」とお笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右が連呼するテンションの高い記者会見が11月1日、都内で行われた。 これは、がんや生活習慣病などの疾病を発見できる検査キット「おうちでドック」(ハルメク・ベンチャー株式会社)の発売記…続きを読む

自宅で人間ドックが受けられる「おうちでドック」はがん検診の低受診率を変えられるか?

腸内フローラの次は<中耳フローラ>? 細菌叢が慢性中耳炎の鍵を握る可能性

繰り返される中耳炎に悩む小児やその親は多いが、耳の中の細菌叢がこうした慢性中耳炎にかかりやすいかどうかを知る手がかりとなるかもしれない―。 国立病院機構東京医療センターの南修司郎氏らによる研究から、耳漏(じろう)のみられる慢性中耳炎がある人とない人では、中耳の細菌叢に大…続きを読む

腸内フローラの次は<中耳フローラ>? 細菌叢が慢性中耳炎の鍵を握る可能性 

アレルギー予防のためにはいつから離乳食を始めるのがいいのか?

私は今年3月に出産し、子育て真っ最中の医師です。子育て方法に関しては様々な情報があふれていますが、医師である私にとっても、科学的根拠がある情報を探すのは容易ではありません。一番効果的な方法を知りたいという思いから、子どもが寝付いた後に、本や論文を調べてわかったことをご紹介し…続きを読む

アレルギー予防のためにはいつから離乳食を始めるのがいいのか?
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太