「研究・調査」の記事一覧

ショパンの死因が解明?コニャック漬けの心臓をDNA鑑定できない3つの理由

ポーランドのワルシャワに生まれた不世出の作曲家、フレデリック・フランソワ・ショパン(1810年3月1日~1849年10月17日)は、39歳の若さで早世した。死後169年が経ち、その死因の謎に迫った新たな研究論文が、米医学誌「American Journal of Medic…続きを読む

ショパンの死因が解明?コニャック漬けの心臓をDNA鑑定できない3つの理由

明日の「やることメモ」を書くとぐっすり眠れる~寝る前のTo-Doリストが不安を減らす

ツァイガルニク効果(Zaigarnik effect)という、舌を噛みそうな心理学用語をご存じだろうか。人間は「達成できた事柄」よりも、「達成できなかった案件」や「中断状態にあるもの」のほうをよく憶えているもの――。そんな現象をさす言葉だ。 一方、おなじみの「To-Do…続きを読む

明日の「やることメモ」を書くとぐっすり眠れる~寝る前のTo-Doリストが不安を減らす

抗がん剤は夜中の投与が効率的?薬の効き目は飲む時間で変わる!

時を刻む「時計遺伝子」が約24時間周期のリズムを生み出し、体内時計のしくみが働くことで、我々の体はさまざまな調節を自動的に行っている。 体内時計の乱れは、さまざまな病気や不調を引き起こす原因となる。反対に、体内時計のリズムを正しく維持することで病気を未然に防いだり、改善…続きを読む

抗がん剤は夜中の投与が効率的?薬の効き目は飲む時間で変わる!
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇