「研究・調査」の記事一覧

「腸内細菌」が「性格」も決める! 脳内物質に影響を与えて「ネガティブな感情」に

人間の腸内には、数にして600兆~1000兆個、総重量1kg以上もの腸内細菌が生息している。腸内細菌の顔ぶれは、私たちの健康にさまざまな影響を及ぼすが、最近、おどろくべき研究結果が報告された。 腸内細菌が、私たち人間の「思考や行動の傾向」、つまり「性格」にまで影響を及ぼ…続きを読む

「腸内細菌」が「性格」も決める! 脳内物質に影響を与えて「ネガティブな感情」に

新説! ホモ・サピエンスの起源は定説より10万年も遡る<30万年前>だと判明

現生人類のホモ・サピエンスの起源は、20万年前とする定説より、さらに10万年も時代を遡る30万年前だったとする研究論文が英科学誌『Nature』に発表された(AFP NEWS 2017年6月8日)。 発表によれば、独マックス・プランク進化人類学研究所の古人類学者ジャンジ…続きを読む

新説! ホモ・サピエンスの起源は定説より10万年も遡る<30万年前>だと判明

DNA鑑定で「飼いネコ」の祖先が判明! 約6000年前にネズミ退治した「リビアヤマネコ」

イヌは従順、ネコはツンデレ。それが世界の常識かもしれない。 だが、ネコのルーツを手繰ると意外な素顔が見えてくる――。飼いネコは約6000年前の新石器時代から フランス国立科学研究センター(CNRS)のEva-Maria Geigl氏は、「ネコが古代エジプトを征服…続きを読む

DNA鑑定で「飼いネコ」の祖先が判明! 約6000年前にネズミ退治した「リビアヤマネコ」
年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

Doctors Select

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫