「研究・調査」の記事一覧

人工知能が仕事を奪う! 行き着く先は“赤ちゃん脳”の「DNA操作」か?

「東京オリンピック後まで“生き残れない仕事”はこれだ!」などのショッキングな見出しが、テレビや新聞、雑誌などで目につくようになった。いよいよ、「AI(人工知能)」が我々の仕事を奪っていくらしい。 10月26日、トヨタ自動車は、オリンピック開催の2020年をめどに、自動自…続きを読む

人工知能が仕事を奪う! 行き着く先は“赤ちゃん脳”の「DNA操作」か?

ゾウががんに罹りにくい理由が判明! 腫瘍抑制因子がヒトの20倍!

6トンを超える体をもちながら70年以上生き、ほとんどがんにならない動物――それがゾウである。この世界最大の陸生動物ががんにならない理由の解明に取り組んだ研究チームが、その秘密を突き止めたという。 研究著者である米ユタ大学のJoshua Schiffman氏は、「男性の半…続きを読む

ゾウががんに罹りにくい理由が判明! 腫瘍抑制因子がヒトの20倍!

長生きしたけりゃ「貧乏ゆすり」! デスクワークの悪影響を帳消しに?

職場の同僚が隣のデスクで落ち着きがなく、何度も足を組み替えたり、ペンをコツコツ鳴らされると非常に気になるもの。ましてや激しく貧乏ゆすりを繰り返されたら、忙しいときなどには、イライラが頂点に達してしまうだろう。 しかし、その嫌われものの貧乏ゆすり、「女性が病気で死亡する…続きを読む

長生きしたけりゃ「貧乏ゆすり」! デスクワークの悪影響を帳消しに?
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘