「研究・調査」の記事一覧

「休肝日」は何日が有効なのか? “休肝”の間隔の違いが健康に影響

「酒は百薬の長」ということわざがある一方、古今東西、酒にまつわる失敗は少なくない。「人酒を飲む、酒酒を飲む、酒人を飲む」という戒めのことばもある。アルコールの摂取をほどほどにするのは、自身の健康管理のうえからも心がけるべきものだ。 金沢医科大学病院肝胆膵内科の堤幹宏教…続きを読む

「休肝日」は何日が有効なのか? “休肝”の間隔の違いが健康に影響

女性は注意! うつ病になるリスクを2割もアップさせる食品とは?

お腹がグウグウと鳴るほど空腹のとき、あなたは何が食べたくなるだろうか? そんなときに、炊きたての白いご飯や喉ごしの良いうどん、香ばしいパン、スイーツを思い切り頬張る幸福感はたまらないものがある。 このような「幸福感」を増幅する食べ物は、小麦や白米、砂糖など「高度に精製…続きを読む

女性は注意! うつ病になるリスクを2割もアップさせる食品とは?

"歩きながら"が食べ過ぎリスクを増大させる! 意識的に食べ物を気に留めて食事を

体重に気を付けている人は、「歩きながら食べる」ことはしないほうがよい――。「歩きながら食べる」と、後の食べ過ぎにつながることを、英サリー大学健康心理学教授のJane Ogden氏らが『Journal of Health Psychology』(8月20日号)で報告した。…続きを読む

精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛