ほくろに悪性の皮膚がんメラノーマ(悪性黒色腫)が発生する可能性は意外に低い

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ほくろに悪性の皮膚がんメラノーマ(悪性黒色腫)が発生する可能性は意外に低いの画像1

ほくろがメラノーマになる可能性はかなり低い(depositphotos.com)

 ほくろ(母斑)には皮膚がんの1種で非常に悪質はメラノーマ(悪性黒色腫)が発生しやすいと考えている人が多い。しかし、過去に発表された38件の観察研究をメタ解析した結果、ほくろから発生したメラノーマの割合は3割ほどで、残る7割は皮膚のほくろがない部位から発生していたことが分かった。この結果は「Journal of the American Academy of Dermatology」8月29日オンライン版に掲載された。

 このメタ解析の結果を報告したのは、Arcispedale Santa Maria Nuova(イタリア)のRiccardo Pampena氏ら。38件のコホート研究や症例対照研究に登録されたメラノーマ2万件超のデータを解析した結果、既に存在していたほくろからメラノーマが発生した患者の割合は29.1%で、残る70.9%はほくろのなかった皮膚の部位に新たな病変として発生していたことが分かったという。

 また、ほくろから発生したメラノーマよりも、何もなかった部位から発生したメラノーマの方が悪性度が高い傾向も認められ、発生した部位によってタイプが異なる可能性も示唆されたとしている。

 この結果を踏まえ、Pampena氏は「ほくろがある部位よりも、ない部位の方がメラノーマの発生リスクが高いことを医師や患者は認識しておくべき」と強調。ただし、「皮膚科医は必ず全身を隈なく調べ、非典型的なほくろがないか確認すべき」と付け加えている。

 この報告を受け、米ノースウェル・ヘルスの皮膚科医であるVictoria Sharon氏も「新たな病変の可能性が疑われる部分がないか調べることは、既に存在するほくろのチェックと同じくらい重要だ」と話している。一方、米レノックス・ヒル病院の皮膚科医であるDoris Day氏は、自分の皮膚の変化を見逃さないよう常日頃から観察し、背中の皮膚の状態は友人や配偶者とお互いに確認することに加え、年1回は皮膚科医による検診を受けることを勧めている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆