「研究・調査」の記事一覧

エジプト人は「古代」と「現代」とでルーツが違う!数千年前のミイラをDNA解析して判明!

「古代エジプト」といえば、ピラミッド、ファラオ、ツタンカーメン、ヒエログリフ、ロゼッタ・ストーン、太陽暦、クレオパトラなどを連想するだろうか? 紀元前3000年頃に澎湃(ほうはい)として興きた第1王朝から、紀元前30年に共和制ローマがプトレマイオス朝を滅ぼすまでの数千年…続きを読む

エジプト人は「古代」と「現代」とでルーツが違う!数千年前のミイラをDNA解析して判明!

シェークスピアも戯曲にした英国王リチャード3世の遺骨をDNA鑑定~明らかになった真実!

英国のレスター大学など6ヵ国の国際研究チームは、15世紀の英国王リチャード3世の遺骨の検視に関する論文を医学専門誌『Lancet』に発表。リチャード3世の凄惨な死が明らかになった(2014年9月17日「AFPニュース」)。 1485年8月22日、リチャード3世はイングラ…続きを読む

シェークスピアも戯曲にした英国王リチャード3世の遺骨をDNA鑑定~明らかになった真実!

白髪が多いほど狭心症や心筋梗塞リスクも高い!? 白髪の遺伝子や細胞で原因解明も

男性では、白髪が多いほど心疾患リスクが上昇する可能性があることが新たな研究で示唆された。ただし、今回の研究は毛髪の色と心臓リスクとの関連性を示したに過ぎず、因果関係を示したわけではない。 この研究では42~64歳の成人男性545人を対象として、狭心症や心筋梗塞などの冠動…続きを読む

白髪が多いほど狭心症や心筋梗塞リスクも高い!? 白髪の遺伝子や細胞で原因解明も
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆