腸内フローラの次は<中耳フローラ>? 細菌叢が慢性中耳炎の鍵を握る可能性

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ears0923.jpg

耳の中の細菌叢が病気を起こす?(depositphotos.com)

 繰り返される中耳炎に悩む小児やその親は多いが、耳の中の細菌叢がこうした慢性中耳炎にかかりやすいかどうかを知る手がかりとなるかもしれない―。

 国立病院機構東京医療センターの南修司郎氏らによる研究から、耳漏(じろう)のみられる慢性中耳炎がある人とない人では、中耳の細菌叢に大きな違いがあることが分かったという。この研究結果は米国耳鼻咽喉科頭頸部外科学会(AAO-HNS、9月10~13日、シカゴ)で発表された。

 耳漏は耳の孔から分泌物が流れ出る症状。耳垂れとも呼ばれる。サラサラしたものや粘り気のあるもの、膿が混ざったものなどがある。耳の奥の方に菌が入り込み膿ができてしまっていることから起こる。

 原因として代表的なものが中耳炎で、急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出性中耳炎、真珠腫性中耳炎があるが、特に急性中耳炎、慢性中耳炎で耳漏を起こすことが多い。
 
 南氏らは今回、鼓膜形成術を受けた慢性中耳炎患者88人と、中耳炎以外の疾患が原因で耳の手術を受けたが中耳は正常な患者67人を対象に、手術中に中耳から採取した検体を調べた。なお、いずれも成人と小児の患者が含まれていた。

 その結果、正常な中耳の細菌叢ではプロテオバクテリア門の細菌が最も多く、次いでアクチノバクテリア門、ファーミキューテス門、バクテロイデス門の細菌が多かった。

また、中耳炎患者のうち乾いた状態の非活動性炎症患者の中耳における細菌叢は、正常な中耳の細菌叢と似通っていた。

一方、耳漏がみられる活動性炎症のある患者の中耳では、正常な中耳と比べてプロテオバクテリア門の細菌が少なく、ファーミキューテス門の細菌が多かった。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛