自宅で人間ドックが受けられる「おうちでドック」はがん検診の低受診率を変えられるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自宅で人間ドックが受けられる! 「おうちでドック」はがん検診の受診率の低さに風穴を開けるか?の画像1

記者会見で健康管理などについて話すタレントの岡田圭右(中央)、ハルメク・ベンチャー株式会社松尾尚英執行役員(左)おうちでドック契約ドクター中島侑子医師(右)

「ハウンドドック! ほっとドック! おうちでドック!」とお笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右が連呼するテンションの高い記者会見が11月1日、都内で行われた。

 これは、がんや生活習慣病などの疾病を発見できる検査キット「おうちでドック」(ハルメク・ベンチャー株式会社)の発売記者会見でのこと。医療機関並みの精度の高い検査で、家にいながらにして「人間ドックレベル」の健康診断が受けられるサービスだ。

男性で16種類、女性で18種類のがんなどリスクがわかる

 このところ郵送検査キット商品は急増、すでに楽天やamazonなどでの購入可能な郵送検診キットもラインナップも増えてきた。遺伝子検査、がん種別検査、さらには性病検査、HIV検査などなど、、、。

「おうちでドック」は、利用者が指先から採取した数滴の血液と尿を郵送で検査機関に送り、2週間以内にがんや糖尿病、動脈硬化など男性で16種類、女性で18種類の疾病リスクの結果が返送される。ひとつの検査キットでこれだけ多くのがんや生活習慣病をチェックできるのは日本で初めてだという。

自宅で人間ドックが受けられる! 「おうちでドック」はがん検診の受診率の低さに風穴を開けるか?の画像2

「おうちでドック」は血液検査キット2種類(がん、生活習慣病)と尿検査キット1種類

 リスクチェックできるがんは、胃がん、大腸がん、食道がん、肺がん、乳がん、すい臓がん、卵巣がん、胆嚢・胆管がん、卵巣がん、子宮体がん、前立腺がん、肝臓がん。

 生活習慣病では、糖尿病、肥満、高血圧、栄養障害、脂質代謝異常、動脈硬化、腎機能障害、痛風・尿路結石、肝機能障害。
 
 もし検査結果に問題や不安があれば、利用者は、ハルメクが契約している医師と結果や健康について直接電話で相談できる。また、がん専門医によるセカンドオピニオン相談も無料でできる。

 一般販売価格は男性用、女性用共通で19,800円(税抜き)になるという。

「おうちでドック」事業責任者の松尾尚英執行役員は、「現状では2人に1人はがん検診を受けていない。その理由として時間がない。お金が高いなどがあるが、早期発見すれば、がんでの5年生存率が大きく違ってくる」とし、おうちでドックの事業展開で、受診率のアップ、医療費の削減、さらにはメディカルツーリズムの拡大などを目指したいと発言した。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛