夫婦仲が良いと男性は長生き? 夫婦関係の変化が夫の「心血管リスク因子」に影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夫婦仲が良いと男性は長生き? 夫婦関係の変化が夫の「心血管リスク因子」に影響の画像1

夫婦仲が良いと男性は長生き?(depositphotos.com)

 約5億人の基礎データを解析したところ、「既婚者」と「独身者」の平均余命比較では男性で8~17年、女性で7~15年もの差が生じたとの報告がある(米ルイビル大学調べ)。

 互いの健康を気づかい支え合う相手がいるといないのとでは、中年期以降のヘルス・ビヘイビア(health behavior:健康につながる活動)という面でもやはり差が生じてくるのだろう。

 しかし、そういう伴侶が確保できれば、「それで健康面は安泰」とばかりはいかないのが人生の常である。問題は「その中身」というか、相手との関係が「リア充」か「非リア充」かで、男性側の健康面は多少なりとも左右されるらしいのだ。

 経年に伴ない「夫婦関係が良い方向に改善される(変化なしも含む)」と「夫の健康状態」は良好に保たれる。ところが、「夫婦関係が悪い方向に逸れていくと」、そちらも悪化の一途をたどる可能性がある――。そんな研究報告が公表された。

夫婦関係の経年変化が「心血管リスク因子」に影響

 疫学と地域の健康専門誌『Epidemiology & Community Health』11月号に掲載された、Ian Bennett-Britton氏(英ブリストル大学)らの研究によれば、夫婦関係の経年変化が男性側のBMI(体格指数)や脂質値などの「心血管リスク因子」の変化にもそのまま、わずかながら影響を及ぼすことが示唆された。

 その関連を主題に選んだBennett-Britton氏らが用いたのは、「子持ちの既婚男性」を19年間にわたって追跡調査した英国内の研究データだ。その「研究開始時から6年後の夫婦関係」の変化ぶりと、夫側の「19年後の心血管リスク因子」との関連を詳細に解析した。

 対象に選ばれたのは、いずれも「研究開始時」と「6年後の夫婦関係」についての質問票に有効回答した計620人の夫たち。各自の年齢や収入など食い違う諸々の要素を調整した上でデータ解析をした結果、次のような数値面の傾向が読み取れた。

 対象期間中(研究開始時~6年後の調査時)の夫婦関係に関し、目立った変化はなく「常に良好だった」と回答した夫たちに比べ、6年前よりも「改善した」と自己申告した夫たちは、19年後のLDLコレステロール値が9.7mg/dl、BMIは1.07低かった。

 さらに後者の場合、総コレステロール値と拡張期血圧値の改善面においても「微量ながら夫婦関係の改善との間に関連が認められた」(Ian Bennett-Britton氏)という。

 一方、同じ対象期間中に「夫婦関係が悪化した」と回答した夫たちの場合、「夫婦仲が常に良好だった」と回答したリア充な亭主たちに比べて、拡張期血圧値が2.74mmHg悪化していた。

 ちなみに、経年に伴う悪化どころか、「ウチは一貫して夫婦関係が悪いよ」というトホホな亭主たちの場合、<心血管リスク因子への悪影響がほとんど認められなかった>というのも興味深い。カミサマも彼らを憐れんで、さすがに健康面での不幸は見逃してあげたのか?

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆