「研究・調査」の記事一覧

運動なしで脂肪燃焼できる「遺伝子スイッチ」で肥満が解消できる!?

肥満の原因を、遺伝子レベルで解明しようとする研究が世界中で行われている。このほど「New England Journal of Medicine」オンライン版に8月19日に掲載された研究によると、代謝を加速し、過剰な脂肪を熱エネルギーとして燃焼するのを促進する「遺伝子スイッ…続きを読む

運動なしで脂肪燃焼できる「遺伝子スイッチ」で肥満が解消できる!?

あなたの頭の"キレ"を取り戻す! 木登りや平均台で"ワーキングメモリ"がアップ!?

最近、頭に"キレ"がなくなった――。「あれ、いま何をしようとしたんだ?」と立ち止まる、話す途中で言いたかったことを忘れた......。 思い当たることがあれば、あなたの脳のワーキングメモリが劣化し始めた証拠かもしれない。ワーキングメモリとは、何か目的を持って行動すると…続きを読む

あなたの頭の

夏休みの生活習慣が"子どもの肥満"に拍車をかける?

行楽地に子どもたちの賑やかな声があふれる、夏本番。開放感いっぱいの夏休みは楽しいものだが、生活習慣が乱れやすく、子どもの体調管理に頭を悩ませる親も多いことだろう。 一昔前は、夏休みの体調不良といえば「夏痩せ」のイメージがあった。しかし、子どもの食生活や住環境が変化し、…続きを読む

夏休みの生活習慣が
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛