「研究・調査」の記事一覧

検診大国ニッポンの気持ち!? 「母の日」に送迎付きの人間ドックをプレゼントする

4月27日、日露首脳会談で安倍・プーチン両首脳は経済協力プランの医療・保健分野に関する作業計画で合意した。この中には日本の人間ドックの技術を取り入れた「日露予防医療診断センター(仮称)」の早期開設も入っている。 日本は人間ドック先進国なのか? あるいは独自の予防医療体制…続きを読む

検診大国ニッポンの気持ち!? 「母の日」に送迎付きの人間ドックをプレゼントする

世界的な糖尿病の増加に「気温の上昇」~地球の温暖化が脂肪を燃えにくくする!?

温暖化が脂肪を燃えにくくする!? 「地球温暖化」とか「不都合な真実」などは誰もが一度は口にしたことがある言い回しだろう。 では、現在の国連の国際交渉は、平均気温の上昇を「〇度未満」に抑えることを目指しているか? 〇内を答えられる人は100人中いったい何人おられるだろうか…続きを読む

世界的な糖尿病の増加に「気温の上昇」~地球の温暖化が脂肪を燃えにくくする!?

医療費を多くかけるのは「ヤブ医者」?再入院率や死亡率に差がないことが判明!

入院時に医師が多数の、あるいは高額の検査や処置を指示することが、必ずしも良質な医療になるとは限らないことが新たな研究で示唆され、「JAMA Internal Medicine」オンライン版に3月13日掲載された。同じ病院内でも医師による医療費の差が40%以上あった!…続きを読む

医療費を多くかけるのは「ヤブ医者」?再入院率や死亡率に差がないことが判明!
年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

Doctors Select

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫